伊賀パッシブハウスPassive House Iga

  • 所在地(市区町村)三重県伊賀市
  • 用途
  • 建築年2017
  • 一次エネルギー消費量98kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電98kWh/m²
  • 暖房負荷9kWh/m²
  • 冷房負荷15kWh/m²
  • 施工森大建地産
  • 設計i + i 設計事務所
三重県で初めて、ドイツパッシブハウス研究所の基準に適合した「パッシブハウス」に正式に認定されました。i+i設計事務所の飯塚先生とコラボした「伊賀の家」として2019年のエコハウス・アワード意匠賞も受賞しました。 伊賀という土地は、夏は暑く、冬は寒い気候風土の盆地でもあり、三重県の中でも寒い地域になっています。こういった厳しい気候風土の中でパッシブハウスを建てることは住んでいる方々にとっても目安となる住宅ではないかと思い採用しました。 実際に住んでみると、冬はほぼ暖房がすることが少なく、夏もエアコン1台で十分であり、夜少し窓を開けておくだけで家の中も涼しくなるという快適さを実現できました。 訪問していただくお客様も快適さを実体験していただくことができています。 計画としては、2階建の自宅兼アトリエ棟、平屋のマルシェ棟、バーベキューなどができる東屋という3棟からなる施設群の計画になっています。 マルシェを開く中庭に向かう螺旋状の動線を囲むように3棟を配置し、そこにいる人たちが自然に触れ合える空間づくりになっている。 建物は真南向きで屋根は切妻。南面は大部分が開口部になっており、軒を出し1階南はセットバックさせることで、夏冬の日射遮蔽・取得が有効に働くように計画している。 南から取りこんだ光は、中央の吹き抜けで家全体に行き届くようになっている。そのため昼間の電気もほぼ不要になってくる。ファサードをつくる2階西側の窓からは、伊賀の山並みを望むことができ、自然との一体感が生まれる家づくりになっています。

豊田パッシブハウスPassive House Toyota

  • 所在地(市区町村)愛知県豊田市
  • 用途
  • 建築年2019
  • 一次エネルギー消費量85kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電79kWh/m²
  • 暖房負荷11kWh/m²
  • 冷房負荷18kWh/m²
  • 設計鎌倉寿建築設計室
このプロジェクトのご相談があったのは2016年春でした。 建設地は代々受け継いだ土地で、設計コンセプトは、次世代に住み継ぐことのできる性能の建物をデザインしようとスタートしました。構造・耐久性・メンテナンス性・温熱・省エネルギー性能はすべてにおいて高い目標を設定し、おのずとパッシブハウス性能を目指しました。 設計を進める上で最も大きなハードルはパッシブハウス基準のクリアーです。そのために 断熱・気密・窓(日射取得と日射遮蔽)・換気・熱橋を最適化する必要があります。シュミレーションを繰り返し、PHJや新住協のセミナーに積極的に参加、そして設計をまとめ森みわ氏を訪ねたのは2017年12月でした。施工中は初めての建材や設備もあり大変でしたが、関係業者様、PHJ会員の方々のご指導のおかげで2019年の春に竣工を迎えました。 そして厳格な認定手続きを通じパッシブハウス・ジャパンによる認定を取得しました。 住まわれて1年、大きな吹き抜け空間にも関わらず年間を通じ温度むらのない何も感じない環境でかつ省エネルギー。太陽熱温水による給湯設備はLPGで、年間を通じ半年間は基本料金そこそこ。冷暖房設備は換気吸気経路に組み込んだアメニティエアコン(2.8kW)で気流を感じません。オーナー様はこの性能にとても驚いてみえました。でも、これが当たり前になっていくのですね! パッシブハウス・ジャパンにおいて、日本国内でのパッシブハウス認定、及び認定サポートの体制が整いました。各支部にてサポート体制がとられてます、今後設計期間がもっと短縮できるでしょう!(笑)認定パッシブハウスはPHIのデータベースに登録され世界中に発信されます。日本では今後、どんなパッシブハウスが誕生するか楽しみでなりません。 鎌倉寿建築設計室 鎌倉 寿

熊本パッシブハウスPassive House Kumamoto

  • 所在地(市区町村)熊本県
  • 用途
  • 建築年2018
  • 一次エネルギー消費量67kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電67kWh/m²
  • 暖房負荷12kWh/m²
  • 冷房負荷21kWh/m²
  • 設計空設計工房
認定までの道のりは長かったですが、パッシブハウス・ジャパンでの最初の認定をもらう事ができ嬉しい限りです。 「熊本パッシブハウス」敷地は西と南の隣地に建物がありますが、冬期日射が確保できるところで配置を決めることができました。夏の日射遮蔽は1階南側に木製ガラリ雨戸、西側と2階南側は外付けブラインドを設置しました。 冷房は2階エアコン、暖房は床下エアコンを稼働します。床下の暖気をガラリから居室へ導くことはしていません。床下を巡らしてRAで吸い込み温度だけSAに渡すことにしました。それでも十分に床表面温度はもちろん室温も上がっています。 屋根の上にはできる限りの発電パネルと太陽熱温水器も乗せています。電気は余剰分売電していますが、将来は蓄電池を入れてできるだけ自給したいと考えてらっしゃいます。お湯はお風呂に使うだけで他給湯や暖房のシステム化まではできなかったのは残念ですが、Passive House「Plus」の認定をもらえたのはとても嬉しい事です。 建物外皮の性能はもちろんですが、太陽熱を冬期にどう入れるか、夏期にはどう遮断するかが大きなファクターだと思い、最初から十分意識して計画しました。そして設備を最適化させるために負荷計算や建物燃費ナビでのシミュレーションは何度もやってみました。当たり前と言えば当たり前のアプローチで目処が立ったところで、PHJの森さんへ相談しました。 その後は認定申請に向けての図面や資料を集め提出する仕事がたくさんありました。 これからはパッシブハウス・ジャパンでの認定と言う事でかなり身近に感じられるようになったパッシブハウス認定です。たくさんの実務者またクライアントに挑戦していただき、個性豊かなパッシブハウスが日本で数多く生まれていくことを願ってやみません。 空設計工房 江藤眞理子(設計)