Q.

高断熱高気密の家は結露がすごいと聞きました。

A.

それはなんちゃって高断熱高気密、もしくは中断熱中気密と呼ばれるものです。

「木造において高断熱高気密を図ると、壁の中で結露を起こし、シックハウスの原因になる。」それは大きな誤解です。パッシブハウス・ジャパンの省エネ建築診断士養成講座では、結露のメカニズムを徹底的に解説。住まい手にとって健康で快適な室内環境と各地域の外気温を正しく把握することで、高断熱高気密住宅であっても年間を通じて壁内結露を防ぐことが可能です。建物の気密化は、隙間風を防ぎ、断熱材の性能を最大限に発揮させるため、すなわち冷暖房のエネルギー効率の向上のために、非常に重要です。もちろん、高断熱高気密構造にすることによって、冷暖房が必要な期間がこれまでよりもぐっと短くなる事も、意外と知られていない事実なのです。


Comments

comments