伊勢原パッシブハウスPassive House Isehara

  • 所在地(市区町村)神奈川県伊勢原市
  • 用途戸建(一般)
  • 建築年2021
  • 一次エネルギー消費量85kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電85kWh/m²
  • 暖房負荷10kWh/m²
  • 冷房負荷21kWh/m²
  • 施工あすなろ建築工房
  • 設計あすなろ建築工房

2020年11月に引越をして、半年が過ぎ、この冬の寒さに気が付かないまま、冬が終わっていました。今は、新緑の気持ちの良い季節を感じています。

この冬の間にやったこといえば、朝、ハニカムブラインドを開けて、夕方、閉めることだけです。暖房のスイッチを入れることも(ほとんど)なく、朝、寒くて布団から出られなくなることもなく、家族でお揃い(色違い)のユニクロのボアパーカーを着ることもありませんでした。

農家を営む母は、一日に何度も座っていたマッサージチェアに乗らない日さえも出てきました。体の芯からいつもあったまってるからか、マッサージを必要とする時が減った。と言っています。

どの部屋も無暖房で20℃を下回ることがなく、悪天候で日中の日差しが入らない時は、夜も少し冷えることを感じる(実際に温度は下がっていない)程度です。
妻は、外から家に入ると“ほわっと”暖かく、不思議な感覚。と言っています。

家を建てるにあたって、私はパッシブハウスの性能を求めましたが、妻は、そこまでの高気密高断熱の家はいらない。と揉めたものでした。

でもいま、妻は、“やってみて良かった”と、太陽の力を存分に借りて生活する気持ちの良さを知り、FacebookやInstagramで、パッシブハウスでの生活について、独自に発信を始めています。

パッシブハウス認定書を森さんから頂いたときのことが、妻のInstagramに書かれていましたので紹介します。

<妻のInstagramより>
先日パッシブハウス認定をいただきました。

パッシブハウスを自邸で建てて実体験したかった夫。
そこまでの性能は必要ないと住むまでおもっていたわたし。←建築ど素人です。

冬を過ごしてみて、この家の性能に驚くことばかりでした。
反対するわたしを説得してくれてありがとう夫。

結露 全くなし
床暖房 設置なし
スリッパ 必要なし
冬の室内上着 必要なし
エアコン ほぼつける必要なし
各部屋の温度差 ほぼ変わりなし
室温20度下回った日 1日だけ
天井高は? 4m

吹き抜け=寒いの過去の常識が崩れる結果になりました。

太陽の力を取り込む設計と
逃さない性能

関わってくださった多くの皆様
ありがとうございました。

持田正憲(Client、Building Services)

Comments

comments