伊賀パッシブハウスPassive House Iga

  • 所在地(市区町村)三重県伊賀市
  • 用途
  • 建築年2017
  • 一次エネルギー消費量98kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電98kWh/m²
  • 暖房負荷9kWh/m²
  • 冷房負荷15kWh/m²
  • 施工森大建地産
  • 設計i + i 設計事務所
三重県で初めて、ドイツパッシブハウス研究所の基準に適合した「パッシブハウス」に正式に認定されました。i+i設計事務所の飯塚先生とコラボした「伊賀の家」として2019年のエコハウス・アワード意匠賞も受賞しました。 伊賀という土地は、夏は暑く、冬は寒い気候風土の盆地でもあり、三重県の中でも寒い地域になっています。こういった厳しい気候風土の中でパッシブハウスを建てることは住んでいる方々にとっても目安となる住宅ではないかと思い採用しました。 実際に住んでみると、冬はほぼ暖房がすることが少なく、夏もエアコン1台で十分であり、夜少し窓を開けておくだけで家の中も涼しくなるという快適さを実現できました。 訪問していただくお客様も快適さを実体験していただくことができています。 計画としては、2階建の自宅兼アトリエ棟、平屋のマルシェ棟、バーベキューなどができる東屋という3棟からなる施設群の計画になっています。 マルシェを開く中庭に向かう螺旋状の動線を囲むように3棟を配置し、そこにいる人たちが自然に触れ合える空間づくりになっている。 建物は真南向きで屋根は切妻。南面は大部分が開口部になっており、軒を出し1階南はセットバックさせることで、夏冬の日射遮蔽・取得が有効に働くように計画している。 南から取りこんだ光は、中央の吹き抜けで家全体に行き届くようになっている。そのため昼間の電気もほぼ不要になってくる。ファサードをつくる2階西側の窓からは、伊賀の山並みを望むことができ、自然との一体感が生まれる家づくりになっています。

八万の家House in Hachiman

  • 所在地(市区町村)徳島市
  • 用途
  • 建築年2019
  • 一次エネルギー消費量82kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電-45kWh/m²
  • 暖房負荷11kWh/m²
  • 冷房負荷21kWh/m²
  • 施工有限会社辻組
徳島県初のパッシブハウスを目指す為、計画当初から建物の配置や仕様を検討しながら計画させて頂きました。コンセプトとしては建物の中で健康を増進できる住まいの実現です。なぜこのコンセプトを掲げたかというと、徳島県は病院施設数全国上位にも関わらず、生活習慣病等(糖尿病)は毎年、全国ワーストクラスの事実があるからです。その為、建物の性能をパッシブハウスにすることで、室内の周壁面温度、空気温度、身体の血圧の改善や基礎代謝量の増加など、居住する家族全員が躯体性能の恩恵をいつでも受けられる住まいが特にwithコロナ時代の現在においては、より一層、日常の健康維持、生活習慣病の予防に繋がると考えました。そして第二の理由として、日常、県民の殆どは生活の足が車移動で夜も住宅街は外灯が少なく、JAFのアンケート調査でも徳島県は交通マナーの悪さが全国ワーストクラスの状態で、これでは仕事や家事終わりの夕方以降に健康増進の為、安心して散歩やジョギングなどの運動をすることが外気温以外のリスクが多すぎてできないと思ったからです。また最近ではコロナの影響もあり、家の中でできるエクササイズグッズや快眠グッズ等が数多く販売されていることから、今後はやはり各々の時間の中で安心して基礎的な体力づくりができる運動や毎日の疲れを癒すことのできる睡眠といった家族全員の健康を守ることができるパッシブハウスで日常生活を送ることがとても大切な時代になってきたと感じています。最後になりますが、これからパッシブハウスを建てようと考えている方がいましたら、ぜひ自信をもって未来の為の住まいづくりにチャレンジしてみてください。まだまだ若輩者の自分は学ぶべきことは多いですが、実際にパッシブハウスを建ててみて、住んでみて、初めて分かること、その経験を大切に、そして糧にできるよう今後も精進していきたいと思います。この度はパッシブハウス認定取得、本当にありがとうございました。 有限会社辻組

仙台パッシブハウスSendai Passive House

  • 所在地(市区町村)宮城県仙台市
  • 用途
  • 建築年2020
  • 一次エネルギー消費量69.4kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電69.4kWh/m²
  • 暖房負荷10.9kWh/m²
  • 冷房負荷14kWh/m²
  • 施工有限会社今野建業
  • 設計菊池佳晴建築設計事務所
5年前にヨーロッパのパッシブハウスを見学し、地元の建築家が設計した意匠性の高い高性能住宅に衝撃を受けた。省エネ性はもちろん地産地消の木の家や、地域でのエネルギー需要、精度の高いパネル化による効率化や働き方の改善、環境への配慮など目を見張るものばかりだった。 日本においても、異常気象が毎年のようにおこり地球環境や自然との向き合い方を社会問題としてだけでなく、各個人が考えさせられる時代になってきた。そんな今だからこそ、自然エネルギーを上手に活用するパッシブハウスであれば、自然環境と向き合いながら本当の豊かさを感じられるような住まいができると考えた。 リビングは庭木の成長と共に四季を感じながら快適に過ごせる居心地の良い空間となり、冬は窓から差し込む太陽熱が室内を心地良く温めてくれる。夏も井戸水などの放射冷房により適度な冷涼感を感じられる。給湯も太陽熱で温め、曇りの日は昔ながらに薪を燃やし湯を沸かす。自然のエネルギーを肌で感じながら過ごせる本当に気持ちの良い住まいとなった。 これからの地球環境を考えなら、自然と一体となるような心地良さを感じるパッシブハウスが益々増えていくことを期待しています! 菊池佳晴

軽井沢南ヶ丘パッシブハウスPassive House Karuizawa Minamigaoka

  • 所在地(市区町村)長野県北佐久郡軽井沢町
  • 用途
  • 建築年2018
  • 一次エネルギー消費量75kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電75kWh/m²
  • 暖房負荷15kWh/m²
  • 冷房負荷15kWh/m²
  • 施工軽井沢建築社
  • 設計有限会社グローブ
軽井沢南ヶ丘パッシブハウスは、私の建築設計の第1号にして私達が暮らす自邸です。 2018年竣工。2020年6月15日にパッシブハウス認定取得をしました。 パッシブハウスとの出会いは8年前の2012年。前年の東日本大震災の時に自分ができることはなんだろうと考えても答えが見つからず、翌年から業務の傍ら大学で建築を学び直す中でその言葉に出会いました。 それまで商業施設などのインテリアデザインの仕事の中で、環境に配慮した素材選びなど自分なりに地球環境のことを考えていましたが何かが違うと感じていました。 卒業後、私はパッシブハウスを学ぶために一番の近道であるPHJ代表の森みわ氏の設計事務所の門を叩きました。今思うとなんて大胆なことをしたのだろうと思うのですが。(笑)この決断がパッシブハウス設計者としての第一歩になりました。 森みわ氏の元で学ぶパッシブハウスメソッドは初め難解に感じました。ドイツ語のカタログを見て泣きそうになったこともありますが、設計で指定した素材の性能を一つ一つ入力していくことで建物性能を数値化できるPHPP(Passive House Planning package) は設計を進める上ではとても明解で大変役立つツールです。 設計するにあたり自然エネルギー(太陽熱温水器/薪ストーブ)を活用したパッシブハウスであることはもちろん、なにより美しく機能的、自由で楽しい設計にしたいと思いました。パッシブハウスは全てが実現できるメソッドであると証明したかったのです。 皆さんのなかにパッシブハウスは特別で難しいものだと感じている方も多いと思います。そんなことはありません。色々な方にご尽力頂きましたが、本気で取り組むことでこうして完成することが出来たのですから。(笑) ここに暮らしてもうすぐ2年。僅かなエネルギーで軽井沢の厳しい寒さと自然を満喫しながら暮らしています。理屈ではありません。良いものは良い。この素晴らしいパッシブハウスで、一人でも多くの方に快適で豊かな暮らしを実現してもらいたいと切に願います。   GLOBE ARCHITECTS 菊地 宏子  

熊本パッシブハウスPassive House Kumamoto

  • 所在地(市区町村)熊本県
  • 用途
  • 建築年2018
  • 一次エネルギー消費量67kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電67kWh/m²
  • 暖房負荷12kWh/m²
  • 冷房負荷21kWh/m²
  • 設計空設計工房
認定までの道のりは長かったですが、パッシブハウス・ジャパンでの最初の認定をもらう事ができ嬉しい限りです。 「熊本パッシブハウス」敷地は西と南の隣地に建物がありますが、冬期日射が確保できるところで配置を決めることができました。夏の日射遮蔽は1階南側に木製ガラリ雨戸、西側と2階南側は外付けブラインドを設置しました。 冷房は2階エアコン、暖房は床下エアコンを稼働します。床下の暖気をガラリから居室へ導くことはしていません。床下を巡らしてRAで吸い込み温度だけSAに渡すことにしました。それでも十分に床表面温度はもちろん室温も上がっています。 屋根の上にはできる限りの発電パネルと太陽熱温水器も乗せています。電気は余剰分売電していますが、将来は蓄電池を入れてできるだけ自給したいと考えてらっしゃいます。お湯はお風呂に使うだけで他給湯や暖房のシステム化まではできなかったのは残念ですが、Passive House「Plus」の認定をもらえたのはとても嬉しい事です。 建物外皮の性能はもちろんですが、太陽熱を冬期にどう入れるか、夏期にはどう遮断するかが大きなファクターだと思い、最初から十分意識して計画しました。そして設備を最適化させるために負荷計算や建物燃費ナビでのシミュレーションは何度もやってみました。当たり前と言えば当たり前のアプローチで目処が立ったところで、PHJの森さんへ相談しました。 その後は認定申請に向けての図面や資料を集め提出する仕事がたくさんありました。 これからはパッシブハウス・ジャパンでの認定と言う事でかなり身近に感じられるようになったパッシブハウス認定です。たくさんの実務者またクライアントに挑戦していただき、個性豊かなパッシブハウスが日本で数多く生まれていくことを願ってやみません。 空設計工房 江藤眞理子(設計)

豊田パッシブハウスPassive House Toyota

  • 所在地(市区町村)愛知県豊田市
  • 用途
  • 建築年2019
  • 一次エネルギー消費量85kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電79kWh/m²
  • 暖房負荷11kWh/m²
  • 冷房負荷18kWh/m²
  • 設計鎌倉寿建築設計室
このプロジェクトのご相談があったのは2016年春でした。 建設地は代々受け継いだ土地で、設計コンセプトは、次世代に住み継ぐことのできる性能の建物をデザインしようとスタートしました。構造・耐久性・メンテナンス性・温熱・省エネルギー性能はすべてにおいて高い目標を設定し、おのずとパッシブハウス性能を目指しました。 設計を進める上で最も大きなハードルはパッシブハウス基準のクリアーです。そのために 断熱・気密・窓(日射取得と日射遮蔽)・換気・熱橋を最適化する必要があります。シュミレーションを繰り返し、PHJや新住協のセミナーに積極的に参加、そして設計をまとめ森みわ氏を訪ねたのは2017年12月でした。施工中は初めての建材や設備もあり大変でしたが、関係業者様、PHJ会員の方々のご指導のおかげで2019年の春に竣工を迎えました。 そして厳格な認定手続きを通じパッシブハウス・ジャパンによる認定を取得しました。 住まわれて1年、大きな吹き抜け空間にも関わらず年間を通じ温度むらのない何も感じない環境でかつ省エネルギー。太陽熱温水による給湯設備はLPGで、年間を通じ半年間は基本料金そこそこ。冷暖房設備は換気吸気経路に組み込んだアメニティエアコン(2.8kW)で気流を感じません。オーナー様はこの性能にとても驚いてみえました。でも、これが当たり前になっていくのですね! パッシブハウス・ジャパンにおいて、日本国内でのパッシブハウス認定、及び認定サポートの体制が整いました。各支部にてサポート体制がとられてます、今後設計期間がもっと短縮できるでしょう!(笑)認定パッシブハウスはPHIのデータベースに登録され世界中に発信されます。日本では今後、どんなパッシブハウスが誕生するか楽しみでなりません。 鎌倉寿建築設計室 鎌倉 寿

福島パッシブハウスFukushima Passive House

  • 所在地(市区町村)福島県福島市
  • 用途
  • 建築年2020
  • 一次エネルギー消費量44.66kWh/m²
  • 一次エネルギー消費量太陽光発電-15.65kWh/m²
  • 暖房負荷7.1kWh/m²
  • 冷房負荷17.3kWh/m²
  • 施工株式会社菊田工務店
2020年7月末。福島パッシブハウスは福島市初の「パッシブハウス」の認定を取得しました。 それと同時に家族でパッシブハウスに住むという夢が叶いました。 私がパッシブハウスに出会ったのは2013年11月末の山形・省エネ建築診断士セミナーでした。当時の私は現場仕事から設計等の仕事へ業務シフトしたばかりで、家づくりに対する重要な事はなんだろう?と模索中でした。 そんな時にパッシブハウスに出会いました。運命としか思えません(笑)。パッシブハウスに出会わなかったら今頃どんな家づくりをしていたのかな?と考えるだけで鳥肌が立ちます。 福島パッシブハウス計画は約4年前。そして2019年から本格的にプロジェクトがスタートしました。福島パッシブハウスは、今までPHコンサルティングをしていたPHJの森代表ではなく、東日本のPHJ支部のサブリーダー4名で結成されたコンサル・チームの方たちにお世話になりました! 最初はどうなるのかなと戸惑いもありましたが、一生懸命、手際よく進めていただきました。そのお陰もあり竣工からわずか3週間で認定になりました笑。 福島市は盆地で夏とても暑く、冬とても寒いです。なのに家に対しては夏暑いのはガマン、冬寒いのはガマンする体質の人が多いように感じます。 大袈裟かもしれませんが、パッシブハウスを建てる事によって福島の少しでも多くの人々に世界基準のパッシブハウスを知っていただき、意味のないガマンやストレスを溜め込まず、少ないエネルギーで快適に住めるんだよ!という事を示す一つのシンボルにしたいと思いました。 まだ2か月半しか住んでいませんが、快適です!夏の朝も汗かかずに気持ちよく起きれます。 冬が待ち遠しくてたまりません!笑 これからパッシブハウスをもっとたくさんの人に建ててもらいたいです。地元の小さな工務店でも建てれます。自分にパッシブハウス設計できるかな。施工できるかな。じゃなくて、やるんです。 やらない後悔ほど悔やみきれません。はじめてビビること無く挑戦した自分を褒めたいです!笑。 パッシブハウスは世界の常識!それが日本でも当たり前になる日が来る事を確信しています。  

株式会社菊田工務店 菊田良将