糸島の終の住処

  • 糸島の終の住処

糸島の終の住処

年間暖房負荷: 29.25kWh/㎡a

昨年開発した、構造面材+ネオマフォームと言う工場生産パネルと軸在来プレカット壁パネル(PJW-01)屋根パネル(PJR-01)を採用した高性能住宅のご提案。福岡市の西部に位置し、海・山に恵まれて人気上昇中の糸島市にて、定年後のくらしをNご夫婦が楽しむために計画された終の住処。袋小路の周囲が建て込んだ敷地の、唯一視線が抜けている南東面のみを専用庭としてゆっくり開け、真西の隣家を意識して影になる西陽の影響を最小限とする配置としました。くらしの中心となる南東リビングの大きな吹き抜けは暖房負荷を下げ、東開口面の木製スライドガラリは余分な光と熱を調整します。29坪の中におふたりの必要な空間を全て取り込み、油絵を愉しまれる奥様のアトリエは、時としてゲストルームとなります。出来るだけ建具を使わずに単一空間としながらも、ご夫婦互いのプライバシーも尊重し合える間取りとしました。ゆったりとした階段と、換気システムのフィルター交換を2階床からのアプローチにしたのは、終の住処故の配慮です。

いいね!で投票→ 

設計者: 坂本俊久
施工者: 株式会社銘和建設
建設地(都道府県・市区町村): 福岡県糸島市
竣工年月(西暦・月): 2016年11月
新築/改修: 新築
延床面積: 97.3㎡
工法・規模: 軸在来プレカット+パネル工法
実測 C 値: 0.2
Q値: 1.1
Ua 値: 0.316
総工費: 2100万円台

【  断熱仕様  】
屋根: ネオマフォーム45(垂木間)+ラムダ34 120t(内付加)
外壁: ネオマフォーム80(軸間)+ネオマフォーム25t(外付加)
基礎または床: 土間下全面パフォームガード50t
基礎立上り: 基礎外パフォームガード50t
窓: 樹脂サッシトリプルガラス
玄関ドア: 木製高性能気密玄関ドア

【  設備仕様  】
暖房: エアコン
冷房: エアコン
給湯: エコキュート
換気: 全熱交換型換気システム
照明器具: LED
調理: IHヒータ
その他再生可能エネルギーなど: なし

eco

ノミネート作品一覧へ|エコハウス・アワード2017