省エネ建築診断士セミナー よくある質問

Q.

予算ってどのくらいなの?

A.

プラス15〜20%ですが、工夫次第で削減できます。

15%〜20%のコストアップが相場です。しかし、パッシブハウスは、年間暖房負荷を15kWh/㎡にする、という決まりしかないですから、内装を簡素にすれば安くすることができます。工務店、設計事務所ごとに様々なポリシーがありますので、ぜひ相談してみてください。ドイツでは15年前に+10数%から始まり、今は+5%くらいです。今後は日本でも、少しずつ安くなっていくと思います。

Q.

誰にお願いすればいいの?

A.

省エネ建築診断士にお尋ね下さい。パッシブハウスの建築実績があればベターです。

パッシブハウスは、太陽と風に素直に、オーダーメイドで設計するため、大量に同じ部材を使って収益をあげる大手ハウスメーカーでは、土地や地域によって大きく設計を変更することはできないので、対応は難しいでしょう。

現在、パッシブハウス・ジャパンはパッシブハウスを建てられる仲間を増やしています。こちらのリストでは、省エネ建築診断士が在籍している工務店・設計事務所の一覧を掲載しています。パッシブハウスの建築実績がないところもありますが、省エネ建築診断士というパッシウハウス・ジャパン独自の資格を保有しております。まずはこちらのリストからお近くの相談窓口をお探しください。
また、実績のある工務店・設計事務所をお探しの方は、リスト右にある☆印を参考にしてください。

http://passivehouse-japan.org/membership/members/

Q.

お申し込みは、どうしたら良いの?

A.

以下のウェブサイトより、お申し込みができます。

以下のウェブサイトよりお申し込みをしていただき、参加費用をお振込みいただくことで、受付完了となります。

その後、セミナーテキスト等配布資料をお送りいたしますので、しばらくお待ちください。

なお、お振込みをしていただいた後には、基本的にキャンセルは受付おりませんので、あらかじめご了承ください。

省エネ建築診断セミナー詳細はこちら。

Q.

省エネ建築診断士の資格の有効期限はどれくらいですか?

A.

有効期限は、取得してただいた日から、5年間となっております。

5年間の有効期限がございます。更新ご希望の方は、省エネ建築診断士セミナーに「更新」申し込みをいただき、講義を受けて頂くことで、更新ができます。なお、更新の方は、二日目の「建てもの燃費ナビセミナー」のみの受講でも問題ありません。

Q.

省エネ建築診断士セミナーへは、自分のパソコンをもっていくのですか?

A.

はい、セミナー二日目の「建もの燃費ナビセミナー」で使用いたします。

省エネ建築診断士セミナーは、省エネ住宅設計の基本を学べる座学(セミナー1日目)と、省エネ建築シミュレーションソフトを使用し、より実践的な演習形式の講義(セミナー2日目)の二日間で構成されています。2日目の「建てもの燃費ナビセミナー」では、事前にソフトをインストールしていただいたご自分のノートパソコンをお持ちいただき、それらを動かしながら講義を進めていきます。ノートパソコンをお持ちではない方は、有料で貸し出しも行っております。詳しくは、セミナーテキスト等配布時の資料をご確認ください。