【告知】東北支部|第2回勉強会 6月10日「東北におけるヒートブリッジを考える~理想的なディテールに向けて~」

東北におけるヒートブリッジを考える~理想的なディテールに向けて~

講師:森みわ、西方里見

今回のパッシブハウス・ジャパン東北支部の勉強会では、パッシブハウス・ジャパン代表理事の森みわ氏を講師に迎えて『東北におけるヒートブリッジを考える』をテーマに勉強会を行います。シミュレーションソフト「WinISO 2D」の実演で、東北にとって理想的な基礎断熱形状など、皆さんと一緒に探っていきたいと思います。

また、勉強会の会場はドイツ出身の彦根 アンドレア氏が設計したピーエスIDIC(2008年度JIA環境建築賞 最優秀賞)となっており、3つの素晴らしい建物の見学のほか、室内気候のパイオニアであるピーエス工業株式会社 代表取締役平山偵夫氏(工学博士)から輻射冷暖房のレクチャーして頂くなど、盛りだくさんの内容となっております。是非ご参加ください。

基本情報

<定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。>

開催日:2016年6月10日(金)10:00~16:00(開場 9:50)
場所:ピーエス株式会社 情報センター IDIC (岩手県八幡平市野駄第3地割345) access
定員:30名 受付は申込み順とし、定員となり次第締め切りとなります。
参加費:PHJ賛助会員 無料、省エネ建築診断士 2,000円、燃費ナビユーザー・一般の方 4,000円
問合わせ先:パッシブハウス・ジャパン東北支部リーダー 横山直紀 TEL:090-9633-0660

※会場近くにコンビニはありますが、品揃えには限りがありますので、お昼のお弁当(1000円)の受付も行っています。

講師プロフィール


パッシブハウス・ジャパン代表理事 森みわ

森 みわ

一般社団法人パッシブハウス・ジャパン代表理事
キーアーキテクツ株式会社 代表取締役
ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州公認建築士
東北芸術工科大学客員教授

1999年よりドイツに国費留学。フライ・オット一設立のILにゲスト研究員として滞在。ドイツ。アイルランドの建築事務所にて省エネ施設やパッシブハウスの設計プロジェクトに携わる。2009年3月に帰国。鎌倉市に設計事務所キーアーキテクツを設立。同年8月に完成の鎌倉パッシブハウスにて2010年国際パッシブハウスデザインアワードを受賞。著書に『世界基準の「いい家」を建てる』(PHP研究所)『図解エコハウス』(エクスナレッジ)など。


nisikata_photo_L

西方 里見

有限会社西方設計 代表

1951年秋田県生まれ。室蘭工業大学で寒冷地建築を専攻、青野環境設計研究所で木と木造住宅を研究。1981年に故郷の秋田県能代市に西方設計工房を開設。高断熱・高気密住宅と生産システムの設計・開発・普及に努めるかたわら、「建築知識」「環境共生住宅」などの雑誌で執筆も行う。 主な著書に、『外断熱が危ない!』『最高の断熱、エコ住宅をつくる方法』など。

タイムスケジュール

10:00~11:00
ピーエス(株)IDIC 施設見学
11:00~12:00
室内気候と輻射冷房・暖房について
ピーエス株式会社
13:00~15:00
東北におけるヒートブリッジを考える
パッシブハウス・ジャパン 代表理事 森みわ氏
15:10~16:00
トークセッション 森みわ氏・西方里見氏

見学施設

ピーエス株式会社 情報センター 「IDIC」

2008年度 JIA環境建築賞 最優秀賞 受賞


idic_img09

豊かな自然の創造を毎日肌身で感じることのできるオフィス+工場、ゲストハウス。PS HR-C、PS HRヒータの放射と自然対流をベースに、周りの自然を上手に活用することでつくられています。

自然に準じた季節、一日の変化を感じながら生活することが人間にとって一番心地よく、いきいきと健康的に暮らせるのだという、ピーエスの生態学的な考えがここにあります。

申し込み

<定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。>

下記情報をE-MAIL(宛先:yokoyama@passivehouse-japan.org)にてお送りください。

貴社名:
氏名:
連絡先 TEL:
連絡先 E-MAIL:
当てはまるもの以外を削除して下さい: [ PHJ賛助会員 / 省エネ建築診断士 / 燃費ナビユーザー / 一般 ]
お昼のお弁当(1000円)の申し込み:[あり / なし]


Comments

comments