【告知】ホントのパッシブハウスの話をしよう|5月25日 ルードヴィッヒ・ロンゲン氏 講演会

パッシブハウス設計の長いキャリアを持ち、ドイツ国内のパッシブハウスの認定機関でもある建築家、ルードヴィッヒ・ロンゲン氏の講演+交流会を行います。近年、中国でのパッシブハウス認定の第1号物件も担当されています。

今回の来日は、5月19日よりエアフルト専門大学の授業の一環として建築学生30~40名と、学生が主体となって選んだ東京近郊の有名な近代建築をめぐり、5月26日より京都の伝統建築を見学予定です。

本講演会開催日は、東京滞在最終日。日本のカッコイイ近代建築の欠落した温熱性能に愕然としている頃かもしれません…。同行して来日する学生は日本の大学でいうと4年生から大学院生のレベルです。ロンゲン先生+学生代表数名を交流会にお招きしたいと思います。

※同日午後は東京大学にて学生間交流が行われる予定です。
(詳細は決まり次第お知らせいたします)是非若手の建築家の皆さんの参加をお待ちしております!

s1050image21-1

Ludwig Rongen

ルードヴィッヒ・ロンゲン

1953年生まれ
建築家。都市計画家
パッシブハウス研究所公認デザイナー
パッシブハウス認定士

1980年 アーヘン専門大学卒業。(専攻:都市計画)
1982年 自身の事務所「RONGEN ARCHITECTS GMBH」を設立。
1987年 アーヘン工科大学卒業。(専攻:建築学)
1992年 エアフルト専門大学建築学部教授に就任。
2004年 同大学建築学部長。中国成都市の二つの大学(四川大学と西南交通大学)にて客員教授。
2008年 エアフルト専門大学に、パッシブハウス専門の修士課程を設立。自身も新築改修問わず、パッシブハウスの建築を多数デザイン。パッシブハウス関連の書籍多数発行。パッシブハウス研究所のファイスト博士と協同で、パッシブハウスの普及に尽力している。現在、中国にて、「森鷹窓業パッシブ工場」(ハルビン市)や「パッシブハウス技術体験センター」(青島市)など、大規模パッシブハウスのプロジェクトを手掛けている。

160525_クロストークチラシA4-01

基本情報

開催日:2016年5月25日(水)
時間:17:00〜20:00
場所:東長寺 文由閣 (最寄駅:四谷三丁目) access
参加費:前売4,000円 ※飲食費込み。飲み放題付き / 当日5,000円
定員:50名
主催:パッシブハウス・ジャパン
問い合わせ先:admin@passivehouse-japan.org

申し込みはこちらから


Comments

comments