工事中間報告と鎌倉にて講演会

2月26日(日)に『わたしたちはこうして津波から生き延びた 〜鎌倉で考える防災と被災地支援〜』と題して宮城県女川町商工会の青山貴博氏をお迎えして講演会がおこなわれました。

パッシブハウスジャパンと青山氏とのつながりは、鎌倉のNPO「ちきゅうの子22」メンバーの蓮見兄弟が女川町にて炊き出しなど復興支援をしている際にニコニコフレームをご紹介していただき、関心を持ってくださったことからです。

震災当時、青山氏は女川町で勤務中に被災し、4階建てビルの屋上にある高架水槽の上までよじ登り九死に一生を得ました。
死を覚悟したというその言葉からは自分のことより先に家族のこと、日々の生活における後悔が先に頭をよぎったと言います。

一日一日を大切に後悔しないように生きていってくださいというその言葉から、一日でできる精一杯のことを日々積み重ねてゆかなくてはならない。

持続可能で安全な暮らしを次世代また将来の世代まで残してゆかなくてはならないという思いが募ります。
商店街がほんの少しでも復興のきっかけになればと祈っております。

現在、進行中の復興計画では5棟分の棟上げが終わり、断熱、気密、外装、屋根工事も進んでおります。女川町で既に話題となり、ある人は新しい木造の仮設住宅が出来たと勘違いされたそうです。

4月にはグランドオープンのセレモニーが開催される予定です。

あともう少しで関係者の方々の思いがひとつの形になります。

image-1

image-2

image-3

image-4

image-5

image-6

image-7

image-8

image-9

image-10

image-11

image

工事中間報告と鎌倉にて講演会

パッシブハウス・ジャパンでは女川町の復興支援として、商店街の仮設店舗の設計・施工をサポートしています。

スクリーンショット 2015-04-26 20.46.55

2月26日(日)に『わたしたちはこうして津波から生き延びた 〜鎌倉で考える防災と被災地支援〜』と題して宮城県女川町商工会の青山貴博氏をお迎えして講演会がおこなわれました。

パッシブハウスジャパンと青山氏とのつながりは、鎌倉のNPO「ちきゅうの子22」メンバーの蓮見兄弟が女川町にて炊き出しなど復興支援をしている際にニコニコフレームをご紹介していただき、関心を持ってくださったことからです。

震災当時、青山氏は女川町で勤務中に被災し、4階建てビルの屋上にある高架水槽の上までよじ登り九死に一生を得ました。
死を覚悟したというその言葉からは自分のことより先に家族のこと、日々の生活における後悔が先に頭をよぎったと言います。

一日一日を大切に後悔しないように生きていってくださいというその言葉から、一日でできる精一杯のことを日々積み重ねてゆかなくてはならない。
持続可能で安全な暮らしを次世代また将来の世代まで残してゆかなくてはならないという思いが募ります。
商店街がほんの少しでも復興のきっかけになればと祈っております。

現在、進行中の復興計画では5棟分の棟上げが終わり、断熱、気密、外装、屋根工事も進んでおります。女川町で既に話題となり、ある人は新しい木造の仮設住宅が出来たと勘違いされたそうです。

4月にはグランドオープンのセレモニーが開催される予定です。
あともう少しで関係者の方々の思いがひとつの形になります。

松山パッシブハウス構造見学会

中四国初のパッシブハウスとなります松山パッシブハウスの構造見学会が、3月10日(土)11日(日)に開催されます。それに合わせて3月10日(土)13:30より、ひめぎんホールにて森みわの「家づくりを考えるセミナー」も行われます。このセミナーは完全予約制、一般の方は無料、建築業関係者の方は有料(2000円)になります。

構造見学会及びセミナーの詳細やお申し込み先については案内チラシをご覧ください。

セミナーお申し込みの締め切りは3月5日となります。

松山パッシブハウス構造見学会及びセミナーご案内

登録省エネ建築診断士をアップいたしました

今年の1月に行われました省エネ建築診断士試験で合格し、パッシブハウスジャパンの登録診断士となられた方のお名前をアップいたしました。人数も総勢190名となりましたので、一覧から地方別にページを分けさせていただきました。診断士の皆様の今後のご活躍を期待しております。

登録省エネ建築診断士のリストはこちらから。

ドイツ窓建材展(FENSTER BAU 2012)視察ツアー

ニュルンベルグにて開催される窓建材展(FENSTER BAU 2012)とパッシブハウスを含む住宅展示場訪問の視察ツアーの申し込み締め切りが明日になりました。

日程は3月18日~3月24日、主催は賛助会員の株式会社テクノフォルムバウテックジャパン、後援としてパッシブハウス・ジャパンもお手伝しており、松尾理事が参加いたします。

締切が迫っておりますが、ご興味のある方は一度問い合わせされることをお勧めいたします。詳細につきましては案内をダウンロードしてご覧ください。

バウテック ツアー案内

パッシブハウスカンファレンス視察ツアー

第16回国際パッシブハウスカンファレンスがドイツのハノーバーで開催されるのに伴い、パッシブハウス・ジャパンではそのカンファレンスに参加できるツアーを企画いたしました。カンファレンス最終日にはゼロエネ・パッシブハウス住宅建築等の視察もあります。森代表理事は今回のカンファレンスにて「建もの燃費ナビ」についての発表をいたします。

ツアー期間は2012年5月2日(水)~8日(火)の7日間となります。
まずはパッシブハウス・ジャパン賛助会員様の先行予約を本日より開始いたします
(一般の申し込みは2月20日より受付)。

詳しい内容や申し込み先については案内をダウンロードしてご覧ください。

(今回はカンファレンスのエントリー費が約8万円と、ゴールデンウィークということが費用に影響いたしておりますことをご了承くださいませ。)

2012年5月 パッシブハウスカンファレンス視察ツアー
PHJ-conference+tour2012+announcement

スティーベルの換気装置の認定について

スティーベル社の第一種熱交換換気装置、LWZ270plusが、ドイツのパッシブハウス研究所にて、熱交換効率83%の認定を受けました。同じ本体サイズで風量の少ないLWZ170plusに関しても、同じ熱交換効率が適応出来る可能性がありますので、現在パッシブハウス・ジャパンとパッシブハウス研究所の間で協議を進めております。熱交換換気装置の導入をご検討の方は、その熱交換効率と消費電力をきちんと確認の上、採用されることをお勧めいたします。

LWZ270plusの熱交換効率に関する認定状
zd_stiebeleltron_lwz-270-plus_en

女川町商店街復興計画、工事始まる!

パッシブハウス・ジャパンでは女川町の復興支援として、商店街の仮設店舗の設計・施工をサポートしています。

スクリーンショット 2015-04-26 20.48.46

かねてより計画していた、宮城県女川町の「商店復興仮設店舗」の工事が始まりました。

建物は、女川高校グランド跡地に計画され、木造平屋建て、長屋形式の6店舗が5棟並び、合計30店舗(延べ面積約1,160㎡)となります。

昨年末に確認申請が下り、12月から工事がスタートし、現在は1棟目が上棟しました。
内容としては1棟分が44,205m(≒24間)×5,46m(3間)で6店舗。木材はニコニコフレームと同じ宮崎県産材、基礎はべた基礎、開口部はアメリカのアンダーセン社・木製サッシペアガラス入り、外壁は杉板横張り、屋根はガルバリウム鋼板、断熱・気密は、屋根・外壁・床共、マグ・イゾベール社の高性能グラスウール16K・t=100mmになっております。

女川高校グランド跡地には、すでにプレハブで駐在所・郵便局・銀行・事務所棟(2棟・20店舗)が完成しており、この木造仮設店舗5棟・30店舗が完成すれば、女川町の中心的役割を担う場所になると思います。

この場をお借りして、ご協力いただいた全ての関係者の方々に、お礼を申し上げます。3月の竣工を目指して、今後も随時報告していきたいと思います。

女川町商店街復興計画、工事始まる!

image-5

かねてより計画していた、宮城県女川町の「商店復興仮設店舗」の工事が始まりました。 

建物は、女川高校グランド跡地に計画され、木造平屋建て、長屋形式の6店舗が5棟並び、合計30店舗(延べ面積約1,160㎡)となります。

昨年末に確認申請が下り、12月から工事がスタートし、現在は1棟目が上棟しました。
内容としては1棟分が44,205m(≒24間)×5,46m(3間)で6店舗。木材はニコニコフレームと同じ宮崎県産材、基礎はべた基礎、開口部はアメリカのアンダーセン社・木製サッシペアガラス入り、外壁は杉板横張り、屋根はガルバリウム鋼板、断熱・気密は、屋根・外壁・床共、マグ・イゾベール社の高性能グラスウール16K・t=100mmになっております。

女川高校グランド跡地には、すでにプレハブで駐在所・郵便局・銀行・事務所棟(2棟・20店舗)が完成しており、この木造仮設店舗5棟・30店舗が完成すれば、女川町の中心的役割を担う場所になると思います。

この場をお借りして、ご協力いただいた全ての関係者の方々に、お礼を申し上げます。3月の竣工を目指して、今後も随時報告していきたいと思います。

image

image-1

image-2

image-3

image-4

image-5

image-6

image-7

image-8

image-9

image-10

image-11

第16回国際パッシブハウス・カンファレンスin Hannover

2012年5月4日から5日でドイツのハノーバーで開催される、第16回国際パッシブハウスカンファレンスのプログラムが発表されましたので、こちらからダウンロードいただけます。建もの燃費ナビに関する森みわの発表は5月5日(土)の11時55分からを予定しております。翌日6日にはハノーバー近郊のパッシブハウス+ゼロエネ住宅などの見学ツアーが企画されており、4、5日にはパッシブハウスレベルの省エネ住宅のための建築建材フェアーも併設されますので、こちらも見どころの一つです。3月4日までの申し込みには割引きがございます。

第16回国際パッシブハウス・カンファレンス プログラム(英語のみ)
2012_PHConference_Programme-Hanover[1]