岩手県山田町の避難所に3体寄付しました 30.04.2011

スクリーンショット 2015-04-26 22.05.27

今後は避難所の炊事場として、活用していただくことになりました。ご協力いただいた全ての関係者の方々に、この場を借りてお礼申し上げます。また、他の自治体や援助団体からも問い合わせが寄せられておりますので、今後もよりスムーズな供給体制を目指し、努力していきたいと思います。

Call for donations for the earthquake victims in Japan

Just over one month ago, Japan was hit by one of the worst catastrophes in its history.

The earthquake, the subsequent tsunami and the ongoing nuclear threat at the reactor in Fukushima have left more than 300,000 homeless. With many forced to take refuge in camps set up in gymnasiums and other public buildings, the Japanese government has announced the immediate construction of 6,000 emergency living quarters. On 5 April 2011, the first 36 units were erected. Another 1,200 units made of steel with single pain windows and a maximum of 50mm of insulation are currently under construction. Years could pass before the government manages to provide all of the necessary emergency homes.

PASSIVE HOUSE JAPAN would like to help provide accommodation for as many in north-eastern Japan as possible. It is important that the approach used focus on sustainability and energy efficiency, as these homes are only temporary will eventually be torn down.

PASSIVE HOUSE JAPAN, in cooperation with the Tohoku University of Art and Design, has developed a cedar wood modular unit that provides more comfort than the steel barracks currently being constructed. These modular units are fully “made in Japan”, and thus help facilitate a return to normality for the tsunami victims. These modular units can either be installed within gymnasiums, giving victims a much needed sense of privacy, or may be used as free standing homes.

One modular unit for indoor use with wood flooring and walls costs about €1500. A unit set up for outdoor use costs approximately €3500, complete with roofing, wooden window frames and 80mm of insulation between the timber framing.

I would therefore ask you to donate directly to PASSIVE HOUSE JAPAN, as the money received by the Japanese Red Cross will only go towards the purchase of appliances such as water boilers and microwaves for the victims.

Please help Japan rebuild itself with its own resources and boost its energy independence, thereby also reducing its reliance on nuclear energy!

Sincerely,

Miwa Mori

Director of Passive House Japan
Visiting professor at the Tohoku University of Art & Design

PASSIVE HOUSE JAPAN
2-2-2 Ohmachi, Kamakura
248-0006 Kanagawa JAPAN
Tel +81(0)467 39 5031
www.passivehouse-japan.org

Bank details for donations:
Account holder: Passive House Japan
Account number: 0044710
Bank: The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ Ltd.
Branch: Kamakura Branch
SWIFT code: BOTKJPJT
(An IBAN is not needed for transfers to Japanese accounts!)

A list of all donors will be published on our website.

Jörg Heil would be happy to answer any questions you many have via email at heil@passivehouse-japan.org

For more information about wooden frame, please check these pictures of this page.

災害時のためにパッシブハウスを

スイスのジャーナリスト滝川薫さんによるパッシブハウスに関する記事をご紹介いたします。東北や北海道といった寒冷地で災害時の避難所となりうる公共建築からまずはパッシブハウス化を、と提案がされています。是非こちらのリンクをご覧ください。

Yahoo
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110427-00000303-alterna-bus_all

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110427-00000304-alterna-bus_all

第4回省エネ建築診断士セミナーの日程が決まりました

第4回省エネ建築診断士セミナーの開催日が決定いたしました。

平成23年7月21日(木)・22日(金)に東京港区北青山の東京芸術学舎外苑キャンパスにて一般社会人向け講座「東京芸術学舎2011夏期講座」の1プログラムとして開催されます。

今回は災害時に活用できる分散型エネルギーの活用と省エネについての内容が強化される予定です。

申込みの詳細については只今準備中です。準備でき次第このHPにてお知らせいたしますので、たくさんの方の受講をお待ちいたしております。

ニコニコフレーム 試験組み立て@外苑キャンパス 09.04.2011

4月9日に東京芸術学舎外苑キャンパスにて、宮崎から届いたニコニコフレームの試験組み立てを行いました。建築家を含む”施工素人集団”に数名のプロがアドバイザーとして現場入りし、フレーム自体は40分ほどで組みあがりました。束を立て屋根をかけ、台形集成材の壁パネルを貼り、あっという間に”小さな木の家”が出来ました。4月23日まで展示しておりますので、是非お立ち寄りください。杉の香りが贅沢です。

今回の組み立ての過程で見つかった改善点を反映させた完成版を近日中に本ウェブサイトにて発表いたします。被災地向け価格は、フレーム単体で13万円、壁パネル付きで18万円、床・壁パネル付きが23万円を予定しております。断熱段ボールパネル、木製ペアガラス窓のオプション料金は追ってご紹介いたします。
方流れ屋根のユニットを向かい合わせに二つ繋げると切り妻屋根の5mx5mの家になります。現地の職人さんの仕事が生まれるように、ハーフビルド形式での提供です。

ニコニコフレーム仕様
構造材: 主に105mm角
壁パネル:15mm厚 台形集成材(間伐材利用)
床パネル:48mm厚
ダンダンパネル(断熱段ボール):80mm
蔀戸(しとみど)付きユニット窓:ペアガラス入り木製サッシ

スクリーンショット 2015-04-26 21.08.11

2500mmの正方形を二つ並べたモジュールであるからニコニコフレームという名称が候補の一つに挙がりましたが、この名前を聞くと皆さん思わず笑ってしまいます。そこで東北の方々の笑顔が戻ったらいいな、という思いを込めて、このネーミングに決定いたしました。一方段ボールを利用した断熱材、ダンダンパネルは、冬は暖かく夏は涼しく、エネルギーに依存しないこれからの暮らし方の象徴です。被災された方々の生活の質がだんだん向上するように、という願いも込めてのネーミングです。