パッシブハウス・ジャパン6周年記念大会事後報告

去る3月4日、6周年記念大会6周年記念、そして第一回目の「エコハウス・アワード2016」が開催されました。当日は、パッシブハウスに関心のあるみなさま約130人の方にお越しいただき、大いに刺激になる1日でした!

目次

パッシブハウス・ジャパン6周年記念大会


総評


パッシブハウス・ジャパン代表 森みわ

パッシブハウス・ジャパン代表
森みわ

2010年2月に設立したパッシブハウス・ジャパンは、この度6歳の誕生日を迎え、5回連続となる東京・浜松町のアジュール竹芝にて記念大会が執り行われました。

建築業界には沢山の“団体”が存在するらしく、その沢山の団体を知る方は必ずと言ってよいほど、PHJの会合について、“とても良い雰囲気で、皆さん楽しそうに交流されているのが他団体と明らかに異なる”と表現して下さいます。

2009年3月にヨーロッパから帰国して以来、私がPHJで貫いてきたポリシーとして、“人の揚げ足を取らない”という事があります。誰かが一生懸命考えて生み出した提案に対して、“あれは違う”と批判をする事はとても簡単且つ社会的に無価値であると私は考えていて、批判するくらいならば代わりに“じゃあこんなのはどう?”と体を張って提案する事に社会的意義があるのだと思っています。ですからいつも、“ギャラリーと評論家はもう沢山、勇気を出してプレイヤーになろう!“ みたいな事を言います。もちろん最初は誰しもがギャラリーに居ます。私が建築も省エネも良く分からなかった頃、何が何だか分からないのでひたすら情報収集をしたり、先輩の仕事を分析したりしていました。その過程で沢山のインプットがあり、いつしか自分なりのアウトプットが始まりました。まだまだ未熟者ですが、習うだけの立場に居座り続けるのは、甘えであり、無責任であると感じます。毎年恒例の海外視察ツアーで、私が実務者の皆さんにヨーロッパの最新事例を見せた後も、”アウトプットの出来ない人にインプットなど要らない“という話をしています。私が皆さんに沢山の事を知ってほしいのは、出来るだけ早くアウトプットを始めて欲しいからです。仮に私と誰かが同じインプットを体験しても、咀嚼方法が異なれば、二人のアウトプットは同じにはならないでしょうが、ベクトルの方向がなんとなく似通っていれば、当面一緒に協力しあえる(野党連合みたいな関係?)、そう信じています。そんな気持ちで毎年3月の記念大会の内容を考えています。

ここで6周年大会の内容を全てご報告する事は出来ませんが、基調講演を引き受けてくださった宿谷先生、そしてエコハウスアワードのゲスト審査員としてお越し頂いた島原万丈さん、竹内昌義さんのお蔭で、大変豪華なイベントを執り行う事が出来ました。

今回初めて企画された前夜祭では、年間暖房負荷30kWh/m2a前後のお寺の空間を体験して頂けた事が有意義であったと感じています。東大の前先生は最新のサーモカメラを持って登場されましたが、“鉄骨造なのにヒートブリッジらしきものが見当たらない!”と、かなりガッカリされていました(笑)。木造戸建て住宅に関してはこれからいやおう無しに外皮強化が進みそうな予感がする中、集合住宅や非住宅における外皮強化は置いてきぼり状態。そこには防火や非木造といった温熱的に不利な条件が立ちはだかるだけでなく、建物の使用者と施主が同一では無いことによって、エネルギー効率や快適性が過小評価されるという問題が顕著です。しかしながら、外皮強化と構造の安全性、そして防火性能の担保が三つ巴となってバランスを取るような、そんな建築がもうすぐ実現する予感がしています。

4月からの工務店会員の年会費見直しにより、現在沢山の新規入会のお問い合わせを頂いております。来年の7周年記念大会では、また沢山の新しい仲間との出会いがあるでしょう。

ベクトルの方向がなんとなく似通っていれば、PHJ野党連合お入り頂けますので是非(笑)


パッシブハウス・ジャパン理事 松尾和也

パッシブハウス・ジャパン理事
松尾和也

私がドイツで第一回目のパッシブハウスツアーに参加したのが7年ほど前のことでした。その帰り際に森さんが今のパッシブハウス・ジャパンのような団体を作りたいんだけど・・・

とバスの中で言いました。その際私が「日本でできることは手伝いますよ」といって始まったのがたった数年であそこまでの人と企業を巻き込む団体になったことは感慨深いものがありました。昨年でも参加者数はかなり多かったのですが、それ以上に組織としての自立性が育ってきたことが何よりも嬉しく思いました。上意下達にすると皆さんが楽な反面自由度が失われたり、息苦しさが出てきたりもしやすくなります。逆にフラットな組織にすると、自由度やフランクな関係は保ちやすいですが、自ら動く必要は出てきます。

各支部も成立して、勉強会も開催されるようになり、実行委員長の坂本さんを中心に森、松尾が動かなくても皆さんが自分から動いてあれだけのイベントを動かせる団体は他にはなかなかないと思っています。

人、物、金という言葉が昔からよく使われます。人はお金があるところにも集まりますが、それ以上に人を惹きつけるのは「楽しそうな雰囲気」だと思います。この楽しそうな雰囲気で人が集まり、さらに、各自が自ら各地で研鑽を重ねた結果を交換し合える・・・これがPHJの魅力ではないかと思っています。

今回の総会ではパッシブハウス認定の詳細な解説もなされました。これから申請を出そうとする人にとっても、申請が集中して大変な森さんにとってもあれだけ詳細な解説がなされたことは非常に大きな意義があったと感じています。日本は何でも簡略化の方向で行こうとするのに対し、全く逆に「そこまで執拗にやるのか?」というドイツ魂のようなものを感じずにはいられませんでした。

最後になりますが、ご参加くださった皆様、ご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。


当日の様子

6周年記念大会 当日の様子
続きはGoogle フォトでご覧になれます



次回開催予定

パッシブハウスジャパン第7回記念大会

日時: 2017年3月17日(金)
詳細が決定しましたら、本サイトおよびメールマガジンにて告知いたします。


Comments

comments