エコハウス・アワード2017 最優秀賞 倉敷の家

エコハウス・アワード2017にて、最優秀賞を受賞した倉敷木材株式会社の「倉敷の家」。受賞の決め手を、パッシブハウス・ジャパン代表理事 森みわと、理事 松尾和也、両名に聞きました。

 家の温熱環境が変わるとライフスタイルが変わる、それを施主自ら見越して空間をデザインしたところが、このプロジェクトが評価されるポイントではないでしょうか。

松尾 誰にでも手に入りやすい建材ばかりで普及型のパッシブハウスを作ったということに大きな意義があると思います。

s_image11

今回は、「倉敷の家」オーナーである倉敷木材株式会社の福本さんと奥様に、家の快適さと、会社としてパッシブハウスに取り組むようになった経緯をお聞きしました。

こだわったキッチンよりも、家の快適さに毎日感動する

ー奥様は家の性能に元から興味があったんですか?

奥様 性能に関しては全く興味がありませんでした。私にとっては間取りが大事だったので、性能は任せます、と。実際に住んでみると、快適さにびっくりしました。自分は幸せものだなって思っています(笑)。

s_image10

ー建てる前と後では、考え方に変化があったんですね。

奥様 住む前は、意匠とかキッチン周りが気になりますよね。でも、キッチンは思い通りのものが完成すれば、一旦満足なんです。実際に住んでみれば、快適さは24時間常に感じるものですから、性能の重要度がぐんと上がりました。

今までの家とパッシブハウスでは妊娠中の思考回路も変わる

ー今、気づきましたが、妊娠されてるのに、裸足ですね!?

奥様 そうなんです。前の家では靴下を四重にして、ルームシューズも履いたんですよ。パッシブハウスに住むようになってからは、室内の服がずいぶんと薄着になりました。妊婦生活を身軽に過ごせるのは、とても楽です。1人目は里帰り出産をしたのですが、今回はやめました。実家が寒いんですよ。ここでの生活に慣れたら、他の家の寒さはなかなか耐えられません。

s_image7

長生きできる家を探していたらパッシブハウスにたどり着いた

ーそもそも、どうしてパッシブハウスにしようと思ったんですか?

福本 長生きしたいからです。僕が今年45歳で、妻が32歳。13歳離れているので、20年くらいは僕のほうが先に死ぬと思うんですよ(笑)。だから、気温差による負担がないパッシブハウスに住んで、なるべく長生きして、迷惑をかけないようにしたかったんです。

s_image15

ー長生きしたくてパッシブハウスを建てたというのは、はじめて聞きました(笑)。

福本 さらに正直に言うと、家を建てる前に「パッシブハウスを建てる!」って公言しちゃったんです。ある程度、間取りや仕様を決めてから、パッシブハウス・ジャパンの森さんに相談しに行ったら、想定よりも断熱をあげないとダメだということが分かりまして(笑)。お金はないけど、建てないとかっこ悪いし、とにかく頑張りました。

s_image5

s_image6

s_image12

ー間取りは変更しなかったんですか?

福本 そういう話も出ましたが、自分たちの理想の暮らしや間取りを諦めるのは、納得できなかったんです。

奥様 ちょっと意地だったよね(笑)

パッシブハウスに住んでみたら、パッシブハウスしか薦めたくなくなった

ー工務店でもパッシブハウスに舵を切るのは躊躇すると聞きますが、倉敷木材さんの場合はどうでしたか?

福本 「あいつ、最近、ドイツだ、ドイツだって言ってるけど、何やってるんだ?」と思われていたはずです(笑)。自分が快適な家に住むために自分で勉強して建てたので、スタッフも、現場の監督も、大工も、こんなに厚い壁は絶対にいらないっていう意見の人がほとんどでした。

ーどうやって、その状況を変えたんですか?

福本 快適さを実感してもらったことが大きいと思います。我が家は中国地方ではじめてのパッシブハウスなので、工務店さんがたくさん視察に来てくれたんです。そうすると、社内はざわつきます(笑)。

s_image9

福本 実際に来てもらえれば、暖かさが実感できますから。その後、スタッフが高性能な家を建てたりもして。良さが伝わると、こんなに良い家なのにお客さんに提案できないのはよくないねというのが、社内の認識になりました。弊社は年間30棟くらい建てていますが、今ではパッシブハウスレベルの家がほとんどです。

s_image3

s_image8

パッシブハウスには人生を変える力がある

ーえ、ほぼ全部この性能で建てているということですか!?

福本 そうですね。年間暖房負荷15kWh/㎡くらいを全棟標準にしています。G2が標準のときもありましたが、性能をちょっとあげるくらいでは、生活は変わらないんですよ。お客さんの家に行くと、冬はエアコンもホットカーペットもついているし、家によってはコタツもあるし、ダウンも着てる。

s_image1

福本 パッシブハウスレベルまで性能をあげれば、変化が大きいんです。家の中では1年中Tシャツでいいし、子どものオムツを変える時も楽。洗濯物も減りますし、冬用布団や毛布はいらなくなります。

s_image14

ー生活が本当に変わりますよね。

福本 そうなんです。パッシブハウスには、生活のクオリティをあげて、自分たちの人生を変える力があります。寒さに備えなければいけない生活だったら、この庭は維持できないんです。暖かくて、ボーっとする余裕があるから、庭とじっくり向き合える。時間や気持ちのゆとりを持つことで、他のことができるんです。

s_image2

福本 こういったことって、お金で買えない価値だ、とよく言いますが、パッシブハウスにすることで ”買える” んです。それなら、パッシブハウスにしなければ、損ですよね(笑)。

s_image13

ニュースレター 2017年12月号コラム

パッシブハウス・ジャパンでは月に一度ニュースレターを発行しております。

代表理事 森と 理事 松尾のコラムを読むことができる他、セミナー開催や建もの燃費ナビ関連のお知らせ等は主にニュースレターで発信しております。購読ご希望の方は以下のリンクよりご登録ください。

http://passivehouse-japan.org/newsletter/

パッシブハウス・ジャパン代表理事 森みわ

PHJ8周年記念大会のご案内

パッシブハウス・ジャパン代表理事 森みわ

11月の国際パッシブハウス・オープンデーは全国から17物件に一般公開のご協力を頂き、総勢約200名の方がご来場されました。
毎年恒例の行事をこなす中、PHJ事務局では相変わらず継続的にメディアの取材依頼や様々な方面からの問い合わせを頂いておりますが、先月は少し変わったお問い合わせもありました。まずは都内の文系の大学生が、パッシブハウスについて卒業論文を書きたいとPHJ事務局へやってきたこと。そしてもう一つ、埼玉県の高校2年生2名が、パッシブハウスの性能について実験を行い、その内容を英語のスピーチコンテストで発表したいそうだと、高校の先生からご相談頂いた事です。このように日本の子供たちが自力でパッシブハウスというキーワードに辿り着き、PHJに問い合わせて来てくれた事は、私にとって何よりの励みとなりました。一方では、イタリアのとある雑誌社がPHIのローエナジービルディングの認定を取得した東長寺を記事として取り上げたいということで、建物の3、4階に位置する位牌堂の機能を英語で説明するべく、私はメールで何度もやり取りをしていたりする訳ですが、このような一見無意味にさえ見受けられる作業の結果、出来上がる紙面は何時かまた何処かで日本の若者の目に留まり、新しい常識としてのパッシブハウスがまた一歩浸透していくのではと願う次第です。

国際パッシブハウス・オープンデー「鎌倉パッシブハウスにて」
image1

さて、今年も12月に入り、PHJ事務局では、来年3月2日(金)に開催される、「パッシブハウス・ジャパン8周年記念大会」の申し込みサイトをオープンいたしました。
皆様もうお申し込みはお済でしょうか?!

今年の基調講演は京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授の安田陽(やすだ よう)氏。偶然にも私と同じ横浜国立大学出身の安田さんを、松尾理事が推薦してくれました。専門は風力発電の耐雷設計と系統連系問題との事で、建築の省エネ化の先にある、再生可能エネルギーとのマッチングについて、安田さんにレクチャーして頂きたいと思います。また、午前の部ではパッシブハウス・ジャパンの工務店会員の中から、今大注目を浴びている3社に登壇して頂き、パッシブハウス・クラスの住宅を受注するそれぞれのノウハウを披露していただきます。
第三回エコハウスアワードと合わせまして、今回も大変充実した内容の記念大会となるよう、事務局一同準備に精を出しておりますので、PHJ会員の皆様、及び省エネ建築診断士の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
8周年記念大会 http://passivehouse-japan.org/ja/8thanniversary/

翌日3月3日(土)はオプショナルツアーと称して、みかんぐみ設計の真鶴の住宅を視察いたしますが、実はこのツアーは日本語版PHPPの入力特訓セミナーと称した方が相応しく、真鶴の住宅を見学後に、実際に参加者がノートPC上でこの真鶴の住宅を例に入力を行います。従いまして、建もの燃費ナビに入力が行える知識レベルを前提としておりますが、省エネ建築診断士の資格をお持ちの方ならどなたでもご参加頂けます。定員30名、参加費には日本語版PHPPのライセンス料が含まれています。PHIからの要請を受け、今後PHJが日本国内のパッシブハウス認定を下していくスキームに移行する際、PHPPの入力を含むパッシブハウス認定のコンサルティングが出来る人材を増やしていく必要性がある事から、
PHPPバージョン9の日本語版の販売を3月2日の8周年記念大会から開始いたします。これによって、建もの燃費ナビでは対応が難しかった、非住宅を含む大型建築物の温熱計算が、基本設計の段階から手軽に行えるようになり、より強くパッシブデザインを意識した意匠設計が定着していく事を私達は願っています。

日本語版PHPP
PHPP

パッシブハウス・ジャパン理事 松尾和也

冷房は連続運転がお勧めで暖房は寒くない時は消しておくのがベスト

パッシブハウス・ジャパン理事 松尾和也

FBにて次のような内容をアップしました。
・私が普段言っていることを守った住宅であれば冷房は24時間連続運転の方がオンオフを繰り返すよりも安くなる(省エネにもなる)
(普通の家でやるとどえらい冷房費が来ると思うのでくれぐれもお間違いなきよう!!)
・私が普段言っていることを守った住宅であっても暖房に関しては日の出から日没後数時間の寒さを感じない時は消していたほうが安くなる(省エネにもなる)(日本海側のエリアは除く)

たくさんの実際にお引き渡ししたお客様からのフィードバックで明らかになったことですが、いまいち理由のところに自信がありませんでした。

そこでホームズ君で今までとは違う使い方でシミュレーションしてみました。暖房期間を1月限定、冷房期間を8月限定として各一ヶ月間をそれぞれ全館暖冷房、間欠暖冷房をして4パターンを比較してみました。

その結果見えてきたことがあります。

・全館暖房の場合、実効COPが3から5で動いている時間が非常に長い。それに対して間欠暖房にすると負荷が高い時間が増えるので(暖房を再開する瞬間)2.5から3.5で動く時間が長くなる。(全館暖房の方が有利な部分⇒①とする)

・全館暖房の場合、低負荷運転の時間が増えることにより(日中)その間の実効COPはかなり悪くなる(間欠暖房の方が有利な部分⇒②とする)

・相反する結果の①と②を総合的に検討した場合、暖房においては②の影響の方が強く出る傾向にある。結果として暖房は昼間寒くない時は消したほうが効率が良いということになる。

・全館冷房の場合、実効COPが6から7で動いている時間が長く、間欠冷房の場合6.5から8で動いている時間が長い。(間欠冷房の方が有利⇒③とする)

・全館冷房の場合冷房負荷が極小の時間帯が一番長くなり、この時の実効COPはかなり低くなる。間欠冷房にしているとこの時間があまりない(ずっとオンにしていないから)
(間欠冷房の方が有利⇒④とする)

・全館冷房においては高負荷運転が存在しないので、高負荷側では実効COPが5.5を下回ることがない。反面間欠冷房ではこの範囲の時間帯がかなりの時間発生する。結果として4から5の間での運転時間がかなり長くなってしまう(全館冷房が有利⇒⑤とする)

・相反する結果の③④⑤を総合的に検討した場合、冷房においては⑤の影響の方が強く出る傾向にある。結果として全館冷房の方が効率が良いということになる。

現時点で私が考えているのはこんなところです。