北陸支部勉強会 vol.2/2020年2月6日 北陸地方における超高性能住宅のつくり方
冬場の日射量が極端に少ない北陸エリアで超高性能住宅をつくる極意を学ぶ
講師:西方里見

冬期間の日射量が極端に少ない北陸や東北の日本海側では、十分な日射量が見込める地域に比べて超高性能住宅を現実的な価格でつくることが極めて困難でした。 しかし北陸エリアにおいても超高性能住宅への関心やニーズは年々高まっています。 そこで、同じように日射量の少ない秋田県能代市でご自邸を建てられた有限会社西方設計の西方里見氏より、十分な日射量が望めないエリアでの超高性能住宅のつくり方を教えて頂きます。 その後、株式会社大庄が2019年3月に築28年の中古住宅をフルリノベーションした「リノベ専科 住み継ぐ家」モデルハウスに移動して、西方先生より実地指導をして頂きます。 元々建材卸が本業の株式会社大庄がつくったモデルハウスのため、ツッコミどころ満載ですし、2階を仕上げていないため、断熱・耐震の構造や換気・空調システムなどを直接見ることが出来ます。 関心のある方は奮ってご参加ください。
西方里見
有限会社西方設計 代表取締役 室蘭工業大学建築工学科卒 2004年地域の設計組合「設計チーム木」を結成。1980年代より海外の住宅を定期的に視察し、そのアイデアを日本の風土や気候に合わせて実際の住宅に応用、数多くの住宅や公共建築物などを設計している。「建築知識」誌2013年3月号企画「日本の住宅を変えた50人+α」選出。主な建築賞に、サステナブル住宅賞国土交通大臣賞、東北建築賞作品賞、JIA環境建築賞優秀賞ほか
  • 日時
    2020年2月6日 10:00〜17:00
  • 料金
    当日の受付け時に現金にて頂戴いたします PHJ賛助会員 4,000円(一社につき二名まで) 新住協会員 6,000円(一社につき二名まで) 省エネ建築診断士 8,000円 一般 10,000円 ※ 賛助会員、新住協会員は一社につき二名まで会員価格にてお申し込みいただけます。 三名以上でお申し込みの場合は、省エネ建築診断士価格、または一般価格にてお申し込みください。
  • 定員
    30名
  • 懇親会
    有り
  • 会場
  • 地図
  • お申し込み

    本勉強会は定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     

    問合:パッシブハウス・ジャパン北陸支部 大竹
    E-mail:otake@passivehouse-japan.org

     

Comments

comments