東海支部勉強会 vol.2/2018年12月14日 高性能住宅の施工現場見学会&パッシブハウス認定物件事例報告
講師:神崎 雄一

奈良の神崎設計工房と岐阜の凰建設がコラボして進めている昭和区丸屋町の現場にて、断熱と空調の勉強会を開催します。ローヤル電機のSE300に小屋裏エアコンと床下エアコンを組み合わせ、給気冷房と小屋裏エアコンのハイブリッド空調を専用に設計致しました。プラン時から設備計画も同時に進めていく事で、より効率的な空調計画が実現できております。 また、パッシブハウス認定物件の紹介もあります。
神崎 雄一
神崎設計工房代表 パッシブハウスジャパン設立時より参加。 2010年には奈良県で分譲住宅でもQ値1.9、C値0.5以下、樹脂窓・全棟気密測定を標準化。 更に寒冷地での家づくりを学ぶために福井県に。 勉強も終わり全国から気密施工監理や設計依頼が増えた事もあり 2018年独立して奈良県にて設計事務所を設立。 現在はUa0.34以下、C値0.5以下、耐震等級3を基本として設計業務を行いながら 全国からの気密施工監理や工務店向、エンドユーザー向けの啓蒙活動をしている。 ブログや業者からの集客のみで特に営業活動していない。
  • 日時
    2018年12月14日 15:00〜17:45
  • 料金
    PHJ会員0円 / 省エネ建築診断士3,000円 / 一般6,000円
  • 定員
    15名(先着順)
  • 懇親会
    あり
  • 会場
    建築現場にて(申込み時にお知らせ致します)
    愛知県名古屋市昭和区
  • 地図
  • お申し込み

    本勉強会は定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

     


Comments

comments