意匠賞 奥州パッシブハウス

建築はもっと自由になれる。パッシブハウスならではのデザインとは?

先日開催された第一回目のエコハウス・アワードにて意匠賞に選ばれた「奥州パッシブハウス」。施主は工藤建設㈱。燃費計算を担当した花澤淳さん、設計を担当した菊地建さん、審査員である竹内昌義さんに奥州パッシブハウスのポイントを伺いました。

パッシブハウスだからこそできる空間づくりとは何か。あらためて考えるきっかけになるのではないでしょうか?

1

竹内 この意匠賞というは、つまりデザイン賞ですが、今回のエコハウス・アワードでは、「パッシブハウスにおけるデザインってなんだろう?」ということを考えて、選考しました。パッシブハウスだからこそ作れる空間とは、どんな空間だろうか。庇(ひさし)や、バルコニーをきれいに収めるということは技術的な観点のひとつだと思いますが、僕がとても魅力だなと思っているのは、ワンルーム、つまり、空間がひとつになることで生まれる自由です。

3

奥州パッシブハウスの平面図

奥州パッシブハウスの平面図

菊地 高性能な家に関しては、そもそも個室をつくる必要性が薄れてきていると思います。

竹内 そうですね。ワンルームとはつまり、空間が遮断されることなく連なり、大きな部屋になれること。それにより生まれる自由があります。
例えば各部屋のエアコンがいらなくなりますよね。室外機が何台も並んでいるのは少し格好わるいけど、1台なら隠すことも可能です。逆に言うと、エアコン1台で足りるようにするには、パッシブハウスを目指していくことになります。

建築家 竹内昌義さん

今回の審査員であり、建築家の竹内昌義さん

菊地 各部屋に1台ずつストーブを置いて温まるというのが、東北地方の家の常識です。でも、奥州パッシブハウスは、薪ストーブ1つで建物全体を温めることができます。例えエネルギーの供給がストップしたとしても、薪のストックがあれば暖かさを維持できますから、災害時にも強いのです。

写真左にあるのが、奥州パッシブハウスに導入されている薪ストーブ。この1台で家全体があたたまる。

写真左にあるのが、奥州パッシブハウスに導入されている薪ストーブ。この1台で家全体があたたまる。

個室ってなんだろう?意味を問いなおす時代

竹内 そうですよね。極端なことを言えば、玄関すら分けなくていいと思います。視線のコントロールは必要ですが、玄関をメインの空間に持ってくることもパッシブハウスなら可能です。それくらい自由になります。
 奥州パッシブハウスは、正方形の建物の真ん中に階段があって、そこを起点にグルグルと空間を回ることができるようになっています。この空間の流れがすごくいいなと思って、意匠賞とさせていただいたんです。他の物件も優れたものはありましたが、やはり個室を作りたくなってしまう。でも「個室ってなんだろう?」と考える時期に来ているのではないかと思います。夫婦の寝室は個室にしないと困ることもあるだろうけど(笑)、湿度環境を保つには、お風呂だって空間に対して開(ひら)けているほうがいい。

6

菊地 そうですね。ただ、私たちは、パッシブハウスを建てた実績がなかったので、地域の工務店さんや、設備の方など、みんなで一緒になって、あぁでもない、こうでもないと言いながら四苦八苦でした。

花澤 建物の燃費をシミュレーションする「建もの燃費ナビ」の使い方にも苦労しました。
当初、岩手県南の一関市(4地域(旧Ⅲ地域))の気象データで暖房負荷を計算していたのですが、それでパッシブハウス基準である15kWh/㎡・年をクリアしても(14kWh/㎡・年)、奥州市(3地域(旧Ⅱ地域))に適用すると暖房負荷が2倍近くまで(27kWh/㎡・年)まで上がってしまったということがあったのです。(※奥州パッシブハウスは年間暖房負荷15kWh/㎡・年ではなく最大暖房負荷10W/㎡でパッシブハウス基準をクリアしています)
改めて寒冷地での暖房負荷低減が大変であることを認識しました。

授賞式に参加いただいた、施工担当の花澤淳さん

授賞式に参加いただいた、施工担当の花澤淳さん

竹内 大変ですよね。でも、そういったみんなで行う試行錯誤がよいのだと思います。デザインがいくら優れていても、施工技術が高い工務店さんがいなければうまくいきません。設計者さん、工務店さん、設備屋さん、それぞれが、それぞれのいいところを学び合えることが大切なのかなと思います。関係者がイーブンにパッシブハウスについて考えていく環境が理想ですよね。

花澤 私たちも、地域一丸となって、パッシブハウスの普及にチカラを入れていきたいなと思います。

7

いかがでしたでしょうか。パッシブハウスを目指すことは、家の燃費の向上だけでなく、間取りの自由、ひいては住まい方の自由をもたらすという話、目からウロコでした。次回のアワードではどんな自由な発想のデザインが登場するのか、いまから楽しみですね。

Comments

comments