PEA1917日野建築設計

立平葺の床下エアコンの家

日野建築設計

年間暖房需要:15.76kWh/㎡a

建築地は徳島市中心市街地からは少し離れている。敷地の南側・西側には農地が広がっており、日射を遮るものはほとんど無い。
ただし、東側は農家の庭先で隣接する敷地境界に樹高約1.5mの植栽がある。西側にも300m程先に小さな山があり、東西の太陽高度の低い日射は多少遮蔽させる。
以上の条件より、建物形状はパッシブデザインの基本に則った形を取ることとした。
進入路は北側前面道路であり、南側も水路を挟んで道路からよく見えるので、北面・南面ともにファザードとして計画することとした。
北面は下屋のパラペット高と屋根勾配を調整しバランスを取り、南面はパラペット・袖壁を斜めにしバランスを取った。
また、鈑金としては柔らかい仕上げ感を求めて、外壁に立平葺を採用している。
断熱構成は、個人的に使い慣れた構成だが、夏季のオーバーヒート対策で屋根断熱を強化した。
また、冬季の快適性を上げるために、床下エアコンを採用している。また、床面温度ムラを最小にするため、コラム基礎を採用した。
コラム基礎は、2016年のPHJ四国支部の勉強会を土台に、自ら構造計算することにより実現し、耐震等級3を取得している。

設計者:日野建築設計
施工者:テクノホーム徳島株式会社
建設地:徳島県徳島市
竣工年月:2017年12月
新築/改修:新築
延床面積:104.8㎡
工法・規模:木造在来軸組み工法
実測C値:0.36
Q値:1.12
Ua:0.295

【 断熱仕様 】
屋根:高性能グラスウール16K 200mm(垂木間充填)+高性能グラスウール16K 105mm(内付加)、高性能グラスウール16K 305mm(小屋梁間充填)
壁:高性能グラスウール16K 105mm(充填)、XPS3種b 50mm(付加)
基礎または床:XPS3種b 30mm
基礎立上り:XPS3種b 100mm
窓:APW430/431/330/331
玄関ドア:ヴェナートD2

【 設備仕様 】
暖房:ルームエアコン(床下エアコン含む)
冷房:ルームエアコン
給湯:エコキュート
換気:第一種熱交換型換気システム
照明:LED
調理:IH
その他再生可能エネルギーなど:太陽光発電 5.52kW

 

建もの燃費ナビ計算結果