PEA1911天野保建築

富士吉田の家

天野保建築

年間暖房需要:24.89kWh/㎡a

1階が歯科診療所、2階が居住空間です。窓が大きい総2階の切妻のシンプルなデザインながら、外装の杉のファサードラタンの素材感と陰影がアクセントになっている。
日射取得が大:特色は最低気温が零下15℃にもなる寒冷地ながら南面の窓が大きい。2階から美しい富士山を借景するばかりでなく、暖かく心地よく住まうのに、大きな窓から日射を得るためです。躯体性能は熱損失を少なく、日射取得熱(4,000kWh/年)を大きくしたことから暖房負荷が少なくなっている。日射でのオーバーヒートは外付けブラインドのスラット(羽)の角度変化で取得・遮蔽だけではなく無段階に調整できる。
良好な水蒸気環境:冬の過乾燥と夏の高湿度を防ぐのに、水蒸気回収に優れた回転式のアルミ素子の1種熱交換換気システムとダクトエアコンで解決している。冬の室内の相対湿度は45〜50%、夏の相対湿度は50%以下に保たれる。
夏はナイトパージで涼:熱帯夜・真夏日・猛暑が少なく凌ぎやすいが、夜間に窓を開き温度低下した空気を取り入れるナイトパージが有効である。冷房負荷は6.28kWh/m2年です。
良好な音環境:音の反響が弱点だが、天井の板張りの下地にウッドファイバーを吸音材に使い解決している。

設計者:有限会社西方設計 西方里見
施工者:天野保建築
建設地:山梨県富士吉田市
竣工年月:2018年5月
新築/改修:新築
延床面積:154.02㎡
工法・規模:在来軸組工法
実測C値:0.1
Q値:0.97
Ua:0.28

【 断熱仕様 】
屋根:高性能グラスウール24K 210mm+高性能グラスウール16K 120mm
外壁:高性能グラスウール24K 120mm(充填)、XPS3種 50mm(付加)
基礎または床:EPS特号 100mm
基礎立上り:EPS特号 60mm
窓:トリプルガラス木製 Norwood,エリートフェンスター
APW430
玄関ドア:木製断熱玄関ドア

【 設備仕様 】
暖房:アメニティビルトイン型エアコン
冷房:アメニティビルトイン型エアコン
給湯:エコキュート
換気:第一種熱交換型換気装置(ロータリー式)
照明:LED

調理:IH
その他再生可能エネルギーなど:

建もの燃費ナビ計算結果