エコハウス・アワード2018 No,8

雫石町の300mm断熱リノベーション
家工房一級建築士事務所

年間暖房負荷: 25.20kWh/㎡a

26年前に、マジメに作った高気密高断熱住宅に、最新の建材・技術・自然素材で大幅なバージョンアップを行いました。所在地は岩手県の雫石町。岩手県と秋田県に跨る奥羽山脈に接する寒冷・多雪地帯です。
外皮のラインは変更せず、玄関位置の変更と除雪用具を置ける大きな玄関ポーチを設置、また雪と日射遮蔽を考慮し庇を伸長及び庇を設置。内部は2階の間取りはトイレ設置以外そのままとし、1階の間仕切りを見直し。LDKを一体化しサニタリーを回遊化。ファミリー玄関を設け、そこにサニタリーと直結した家族全員で使うファミリークローゼットを設けました。
基礎・床下土間・壁・天井にそれぞれ付加断熱を行い、サッシは日射取得と断熱を高度にバランスしたドイツ製のユニルクスに総入れ替えを行い、寒冷地エアコンによる床下エアコンを採用しました。延床面積約50坪の大きめなお宅ですが、真冬でも床下エアコン1台でムラ無く全館暖房が賄われております。
外装は、屋根のカラーガルバリウム鋼板を葺替え、外壁には青森県下北半島の杉材を使用しました。

いいね!で投票→ 

設計者: 家工房一級建築士事務所 上野 真二
施工者: 有限会社山井建設
建設地(都道府県・市区町村): 岩手県岩手郡雫石町
竣工年月(西暦・月): 2017/8
新築/改修: 改修
延床面積: 164.78平米
工法・規模: 木造軸組2階建て
実測 C 値: 0.44
Q値: 0.83
Ua 値: 0.205
総工費: 2600万円台

【  断熱仕様  】
屋根: (天井)既存吹込GW150mm+付加吹込セルローズファイバー350mm=計500mm
外壁: 既存高性能GW100mm+付加高性能GW210mm=計310mm
基礎または床: (土間)既存スカート断熱既存押出法PSF1種 50mm(内側910mm幅)
+土間上全面 押出法PSF3種 50mm
基礎立上り:外部 既存押出法PSF1種 50mm+付加ビーズ法PSF特号 200mm 内部 発泡ウレタン3種50mm=計300mm
窓: ドイツ製樹脂枠トリプルガラスサッシ(ユニルクス)
玄関ドア: 木製高断熱玄関ドア(ガデリウス)Ua値0.943

【  設備仕様  】
暖房: 床下エアコン(寒冷地エアコン(日立メガ暖白くまくん RAS-XK40G2 4Kw )
冷房: エアコン(寒冷地エアコン(日立メガ暖白くまくん RAS-XK40G2 4Kw )
給湯: 寒冷地用高効率エコキュート(ダイキン)
換気: 第一種熱交換換気扇(ローヤル電機 SE200RS)
照明器具: LED
調理: IH
その他再生可能エネルギーなど: なし

建もの燃費ナビ 計算結果
008

図面
resize0025

アイコン