東北支部勉強会 vol.1/2017年12月15日 【東北型パッシブハウスの作り方】
講師:森 みわ
横山 直紀

2018年上旬のリリースを目標に現在準備中の日本語版PHPP (Passive House Planning Package) ver.9のβ版を用いて、 東北地方においてパッシブハウスを計画・認定取得する際に必要な情報に関して解説いたします。 近年のパッシブハウス認定では、従来の年間冷暖房エネルギー総量の上限に加えて、居室の冬の快適性の確保のため、 開口部の断熱性能に関して、最低値が各地の気象データから割り出されるようになったため、 東北や北海道でパッシブハウス認定に挑む場合は注意が必要です。また、バイオマス・クレジット導入により、 木質バイオマス燃料の暖房・給湯への使用にも注意が必要となりましたので、 ver.9から導入されたPER(Primary Energy Renewable:再生可能な一次エネルギー)基準のロジックに関してもご説明いたします。
森 みわ
 ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州公認建築士 一般社団法人パッシブハウス・ジャパン代表理事 東北芸術工科大学客員教授   横浜国立大学建設学科卒 シュツットガルト工科大学都市計画学科卒
横山 直紀
イーシステム株式会社 代表取締役 (エネルギーアドバイザー)  住宅の暖冷房・給湯・厨房設備設計販売会社に17年勤務
  • 日時
    2017年12月15日 13:30〜16:30
  • 料金
    PHJ賛助会員 無料/ 省エネ建築診断士 3,000円/ 一般 6,000円/
  • 定員
    30名(先着順)
  • 懇親会
    有(*場所は未定)
  • 会場
    アイーナ岩手県民情報交流センター 会議室501
    岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
    http://www.aiina.jp/access/access.html
  • 地図
  • お申し込み

    下記E-mailへ、必要事項を記載し、お送りください。

    【必要事項】

    ・参加者氏名
    ・貴社名
    ・種別【賛助会員  or  省エネ建築診断士  or  一般 】
    ・参加人数:勉強会 、 懇親会の各人数
    ・ご連絡:住所、電話番号、E-mail

    宛先:パッシブハウス・ジャパン東北支部エリアリーダー 池田佐保
    E-mail:ikeda@passivehouse-japan.org

     


Comments

comments