図解 エコハウス

竹内昌義 (著), 森みわ (著)

「エアコン1台で家中快適にできる家」を図解!

これまで以上に住宅の省エネが重要性を増してきました。知恵と工夫、技術によってエネルギーを無駄遣いせずに快適に過ごせる家、「エコハウス」が求められます。エコハウスとは、本当に省エネ効果が得られ、からだにやさしい温熱環境を実現する器のこと。勘頼りではつくることができません。そこで本書では、前半において建築的手法で建物の燃費を削減する方法、熱とエネルギーの関係、住宅設備を省エネにする方法、再生エネルギーの活用方法までをイラストで解説。後半においてはカラーで全国各地のエコハウスの事例をご紹介します。お住まいの地域でどのようなエコハウスを建てたら効果があるか、ぜひ参考にしてください。

●目次

第1章 建築でできること

―まず考えたいこと
01 エコマインドマップ、02 温熱環境デザインと健康、03 温熱環境デザインと快適性、
04 立地・配置、05 予算、06 器の性能、07 間取り、08 断面構成

―器の性能をよくする技術
09 断熱設計、10 気密、11 蓄熱

―エコとデザインの両立
12 日射・遮蔽、13 床/ 基礎、14 壁、15 屋根、16 窓、17 庇・袖壁、18 植栽

第2章 設備でできること

―住宅設備をエコにする方法
19 ピークカットでエネルギーシフト、20 暖房、21 冷房と除湿、22 給湯、23 換気、24 料理、25 照明

―再生可能エネルギーを活用しよう
26 エネルギーのかたち、27 太陽熱温水器、28 太陽光発電、29 バイオマス、30 地熱利用、31 風力発電

―今すぐできる! 省エネテクニック
32 コンポスト、33 雨水利用、34 アンペアダウン

―知っておきたい概念
35 パッシブハウス、36 スマートハウス、37 カーボンニュートラル、38 一次エネルギー、39 省エネの見える化、40 建もの燃費ナビ

第3章 全国各地のエコハウス
日本各地のエコハウス全11事例をカラーで紹介

特別座談会 エコハウスについてみんなで話そう
前真之(東京大学大学院准教授)×建築家:竹内昌義・森みわ・馬場正尊

みんなでパッシブハウスをたてよう!

Martina Feier + Alexandra Frankel著 森みわ訳

パッシブハウスのことがよくわかる「しかけ絵本」。 パッシブハウスに代表される”地球と住まい手にやさしい家づくり”がどうやったら実現できるかのかを、子どもたちに分かりやすく説明しています。 2008年にドイツ語で出版され、現在では、英語、スウェーデン語、イタリア語、フランス語にも訳され、ヨーロッパの子どもたちに親しまれています。

ファクター5―エネルギー効率の5倍向上をめざすイノベーションと経済的方策

Ernst Ulrich von Weizsaecker著 吉村晧一訳

内容(「BOOK」データベースより)

深刻な気候変動と人口増大という地球環境の危機の中、人類が繁栄を維持するために「豊かさを2倍に、資源消費を半分に」を提唱した話題作『ファクター4』(1997年)をアップデート。各産業分野で5倍の資源効率を向上させる省エネ技術を紹介し、これらの技術の普及による経済発展に不可欠な、政治・経済の枠組みを含む全体的な社会変革を提案する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ワイツゼッカー,エルンスト・ウルリッヒ・フォン
1939年生まれ。ローマクラブ共同会長、国連環境計画(UNEP)国際資源パネル共同議長、ドイツ・エッセン大学生物学教授、カッセル大学学長、国連本部部長、欧州環境政策研究所長、ヴッパータール研究所初代所長、ドイツ連邦議会議員(SPD、社民党)、ドイツ連邦議会環境委員長、カリフォルニア環境大学サンタバーバラ校学部長などを歴任。ドイツ連邦共和国功労勲章、ドイツ連邦環境章授章。統一ドイツ初代大統領のリヒャルト・フォン・ワイツゼッカーの甥にあたる

ハーグローブス,カールソン
1974年生まれ。建築技師。グリフィス大学とオーストラリア国立大学の共同プロジェクトであるナチュラル・エッジ・プロジェクト(The Natural Edge Project,TNEP)代表

スミス,マイケル
1969年生まれ。化学者、数学者。ハーグローブスと共にTNEPをを立ち上げ、ほとんどの著作の共著者である。専門はプロセス技術と環境技術の企業間関係論で、オーストラリア国立大学で研究をしている

デーシャ,シェリル
1976年生まれ。環境学博士。TNEPの教育担当。持続可能な開発のための工学系教育の主著者である。2005年にオーストラリアのヤング・プロフェッショナル・エンジニア・オブ・ザ・イヤーに選ばれた

スタシノポウロス,ピーター
1981年生まれ。メカトロニクス、数学、情報工学が専門。TNEPテクニカル・ディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

エクセルギーと環境の理論―流れ・循環のデザインとは何か

宿谷昌則 (著)

宿谷/昌則
東京都市大学教授(環境情報学部・大学院環境情報学研究科)。専門は、建築環境学。自然のポテンシャルを活かす照明・暖房・冷房・換気などの建築環境システムとは何かを、熱力学と人間生物学の観点から理解し、人を含む自然の法則に照らして不自然でないシステムの開発を目指した研究と教育を行なっている。熱環境を中心とした一般向けの住環境教育にも携わっている。日本建築学会論文賞(2001)、空気調和・衛生工学会論文賞(1991)。東京都市大学環境情報学部教授は1998年から、同大学院環境情報学研究科教授は2001年から(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

コミュニティパワー エネルギーで地域を豊かにする

飯田哲也 + 環境エネルギー政策研究所(ISEP) (著, 編集)

内容紹介

今注目を集める「ご当地エネルギー」。
地域にある資源でエネルギーをつくる事業は、人々が主体的に関わり、地域を自立させていく「コミュニティパワー」となる。
市民風車やおひさまファンドなど、地域でエネルギー事業を成功させるのに必要なことは?
仲間の広げ方、事業主体の立ち上げ方、お金のまわし方など、豊富な実践例とイラストで解説。

<目次>

  • CHAPTER 1 地域エネルギー革命が起きつつある
  • CHAPTER 2 コミュニティパワーとは
  • CHAPTER 3 コミュニティパワーを立ち上げる
  • CHAPTER 4 地域エネルギービジネスを組み立てる
  • CHAPTER 5 お金をまわす
  • CHAPTER 6 政策を活用する、行政と協働する
  • CHAPTER 7 ネットワークを広げる

著者について

飯田哲也
NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長。1959年山口県生まれ。京都大学工学部原子核工学科卒業、東京大学大学院先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。大手鉄鋼メーカー、電力中央研究所で原子力の研究開発に従事した後退職。2000年より現職。

古屋将太
NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)研究員。オールボー大学大学院(デンマーク)博士課程在籍。1982年生まれ。法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。2005年からISEPに加わり、コミュニティパワー事業の立ち上げを担当。

吉岡剛
NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)研究員。東京大学大学院工学研究科電気系工学専攻客員研究員。1975年生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻博士課程修了。博士(環境学)。建設コンサルティング会社に勤務後、独立。2002年からISEPに関わり、エネルギー事業のリスク分析・事業化方策を担当。

山下紀明
NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)主任研究員。立教大学経済学部兼任講師(環境政策論)。ベルリン自由大学(ドイツ)環境政策研究センター博士課程在籍。1980年生まれ。京都大学大学院地球環境学舎修士課程修了。2003年からISEPに加わり、自治体のエネルギー戦略を担当。

The Greenest Home: Superinsulated and Passive House Design

Julie Torres Moskovitz (著)

この度、ニューヨークの出版社、Priceton Architectural Press New York より、THE GREENEST HOMEという本が出版され、世界各国のデザイナーによるパッシブハウスの実例がフルカラーで紹介されています。著者であるJulie Torres MoskovitzはFabrica718のプリンシパル・デザイナー。

日本からは、鎌倉パッシブハウスも掲載されています。

キロワットアワー・イズ・マネー

村上敦 (著)

「地方創生」 切り札はエネルギー価値創造にあった! あなたの街が「消滅」しないために何をすべきか! ? エネルギー価値の創造で人口減少社会を生き抜く 。疲弊する地域復活への羅針盤はこれだ! 2050年までにエネルギーシフトを行うことを政策で定め、すでに取り組みを開始しているドイツ。 この政策が地域の経済にどんなインパクトを与えるのか、 また人びとの暮らしにはどのような変化があるのか。 すでにドイツで得られている知見を紹介しながら日本での活用を模索します。

世界基準の「いい家」を建てる

森みわ (著)

現在、日本の住宅市場で見受けられる、「エコ」やら「クリーン」といったハウスメーカーのキャッチフレーズは、どれも曖昧で何がどうして省エネなのかよくわかりません。こんな現状では建て主側も、「一体なにを選べばよいのかわからない」というのが本音でしょう。こんな日本のエコ住宅は、世界からは完全に遅れています。

本書では、省エネ住宅の先端を走るEU圏で活躍している女性建設士が、日本ではまだまだ知られていない「世界基準の省エネ住宅」の要点を明快に説きます。この本を読めば、真の省エネ住宅は何かという知識と、
巷にあふれる「なんちゃって省エネ住宅」を見分け、
百年以上も価値の続く「本物の省エネ住宅を建てるための知恵」が吸収できるでしょう。さらに、この本では世界中の住宅・建築業界が注目している省エネ住宅「パッシブハウス」の、日本での初の竣工例のポイントも、設計者である著者がやさしく解説しています。