House-Y

  • House-Y

House-Y

年間暖房負荷: 72.88kWh/㎡a

夏は風が通り抜けて涼しく、冬は熱を蓄えて暖かい、
茶道を嗜む亭主夫婦と子供のための、茶室のある木造2階住宅です。
1階と2階の間に、空間の余白のような場所に、たまたまその場所が茶室であるような、
おおらかな茶室を設えました。 その茶室の余白としての純粋性を担保するために、構造計画も工夫しています。 開口6.37m、奥行8.19mの外壁で囲まれた内部空間の茶室の層には柱一つ落ちていません。 2階の桁高さにスパン6.37mのトラス梁をかけ、そのトラス梁から鋼棒で2階床梁を吊り下げることで2階の床は成立しています。 余白により上下階を切り離し、その余白をぐぐっと拡張することで、上下階がひとつながりのワンルームとなりました。 狭小ながらも、自然光はあちらこちらから差込み、あかるく開放的でダイナミックな空間になりました。 夏は窓を開ければ、南から北へ、1階から2階へ風が通り抜けて涼をとり入れます。 冬は、外部と気密をとり基礎断熱を施し、半地下に置型エアコンを設置することで、床下から室内へ暖気を蓄え、建物内部全体が一定の快適な温熱環境になります。 年間通していつも心地よく、ゆっくりお茶が楽しめる住宅をめざしました。

いいね!で投票→ 

設計者:川島裕一建築設計事務所 川島裕一
施工者: 株式会社 夏見工務店 夏見 諭
建設地(都道府県・市区町村): 滋賀県草津市
竣工年月(西暦・月): 2016・9
新築/改修: 新築
延床面積: 106.52
工法・規模: 木造軸組み工法・地上2階建て
実測 C 値:0.9
Q値: 1.52
Ua 値: 0.519
総工費:2600万円代

【  断熱仕様  】
屋根: 吹付ウレタンフォームA種3(アイシネン)200mm
外壁: HGW24K 100mm
基礎または床: XPS3種B 25mm
基礎立上り: EPS60(パフォームガード)
窓: APW330+樹脂アルミサッシ
玄関ドア: 木製建具ペアガラス

【  設備仕様  】
暖房: エアコン5.6kw
冷房: エアコン4.2kw
給湯: エコキュート460
換気: 第三種換気
照明器具: LED
調理: IHクッキングヒーター
その他再生可能エネルギーなど:

eco

ノミネート作品一覧へ|エコハウス・アワード2017