倉敷の家

  • エコハウス大賞:倉敷の家

倉敷の家

年間暖房負荷: 8.03kWh/㎡a

岡山県、特に南部は断熱意識の非常に低い地域である。また家は大きい方が良いと考える施主も多く断熱性能にかけるコストを削減しがちだ。今回特にコストバランスの良いパッシブハウスを目指して計画した。国産標準仕様の樹脂サッシや換気システムなど、どこでも手に入る素材で部材を構成した。結果、坪単価83万でパッシブハウス認定取得を目指せる建物を完成させることが出来た。30坪とコンパクトな建物ではあるが内外が一体に感じられる作りになっており開放感が高い。また高性能化を図った事で寝具や部屋着、冷暖房設備などの不要なストックがなくなった。ミニマムな暮らしは居住空間を広くし生活も豊かにしてくれる。不必要な物が見えず収まりの良い美しい空間が作られた。付加断熱施工時の窓周りの収まりも断熱材でサッシ枠を隠す事で熱橋の防止とデザイン性を両立させている。冷暖房は床下エアコンを採用した。

いいね!で投票→ 

設計者: 倉敷木材株式会社
施工者: 倉敷木材株式会社
建設地(都道府県・市区町村): 岡山県倉敷市
竣工年月(西暦・月): 2016/10
新築/改修: 新築
延床面積: 100.62平米
工法・規模: 木造軸組2階建て
実測 C 値: 0.062
Q値: 0.94
Ua 値: 0.166
総工費: 2500万円

【  断熱仕様  】
屋根: HGGW40K 360mm
外壁: 外部付加断熱HGGW24K 240mm+充填断熱HGGW 40K 120mm+内部付加断熱フェノールフォーム 20mm
基礎または床: 基礎下 押出法ポリエチレンフォーム保温板A種3種 150mm 基礎上 ウッドファイバー 100mm
基礎立上り: 外部 ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板A種特号 180mm 内部 押出法ポリエチレンフォーム保温板A種3号 200mm
窓: YKKAP APW430
玄関ドア: ガデリウス

【  設備仕様  】
暖房: エアコン2.2kw
冷房: エアコン2.2kw
給湯: バイオマスボイラー
換気: 第1種熱交換型換気 ローヤル電機SR200RS
照明器具: LED
調理: 都市ガス
その他再生可能エネルギーなど: 太陽光発電 5.12kW

eco

ノミネート作品一覧へ|エコハウス・アワード2017