Real ZEH 能代の家

[metaslider id=2662]

Real ZEH 能代の家

年間暖房負荷: 28.57kWh/㎡a

簡素な部材・機器を組立て簡易な超高性住宅をつくり、無い部材はつくる
①換気は電気動力を使わない自然重力換気。床下にある外気導入口からの外部冷気はエアコンの床下暖房に暖められ、最終的にはロフトの高い位置にある排気口から排出される。
②能代はベルリンやライプツィヒより日射が2〜3割程少なく、パッシブハウス基準を超えるには困難であるが、大窓を暖房機と考え南側の開口部を大きくし少ない日射を最大限に利用する。ガラスは日射取得が大きく熱損失が少ないバランスがとれたスーパーパッシブガラス3を使用。加えて冬の曇天時でも大窓の明るさと外付ブラインドのライトシェリフの効果で室内を明るくし、陰鬱さから開放される。
③床下がワンルームの大きな空間で、エアコンを使った低温輻射床下暖房が効果的で室温の温度差は1階2階とも0.5℃ほどである。ファサード・ラタンで夏期の躯体の日射蓄熱を防ぎ涼しさの方向にもって行く。
④窓の熱損失を少なくなるようにΨInstallが小さく後付けの納まりをする。アルミ窓のUf値0.85W/m2Kのフレームは地域で組み立てる。
⑤下地材に使う木繊維のビルボードを吸音材に使い、秋田純白美人杉板を押さえとして使う。

いいね!で投票→ 

設計者: 西方里見
施工者: 有限会社池田建築店
建設地(都道府県・市区町村): 秋田県能代市
竣工年月(西暦・月): 2016年12月
新築/改修: 新築
延床面積: 124.20
工法・規模: 木造2階建
実測 C 値: 0.2
Q値: 1.13
Ua 値: 0.228
総工費: 3000万円

【  断熱仕様  】
屋根: 高性能GW24K相当 400mm厚
外壁: 高性能GW24K相当 360mm厚
基礎または床: 防蟻ビーズ法ポリスチレンフォーム特号 100mm厚
基礎立上り: 防蟻ビーズ法ポリスチレンフォーム特号 60+60mm厚
窓: 超高性能アルミ地窓(RAICO)+SPG3、現場製作日射取得SPG3カーテンウォール
玄関ドア: スウェーデンドア(ガデリウス)

【  設備仕様  】
暖房: 床下エアコン
冷房: エアコン
給湯: エコキュート
換気: パッシブ換気
照明器具: LED
調理: IH
その他再生可能エネルギーなど: 太陽光発電 10kW

s_eco

ノミネート作品一覧へ|エコハウス・アワード2017